MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

オーガニックコットンの寝具が睡眠にとってよい理由

ふわふわと、たわわに実るコットン。なかでもオーガニックコットンを使った寝具は、身体や感触にどのような利点がある素材なのか、睡眠にどのような影響をもたらすのか、純オーガニックコットンの専門ブランド「MADE IN EARTH」商品部の岩渕温子さんにお話を伺いました。

オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンとは、オーガニック農産地の生産方法の基準に従って栽培されます。2〜3年以上、第三者認証機関に認められた農地で、有害な化学農薬や化学肥料を使わず、厳格な基準を守って育てられた綿花(原綿)のことです。

また、大量の農薬や化学物質を使用する一般的な綿畑では環境汚染や農場で働く人々の健康被害も問題視されていますが、オーガニックコットンの栽培では環境や人々をこのような問題から守ることにも寄与しています。第三者認証機関の厳しい審査を経て認証されたオーガニックコットンは、人の健康にも環境へも優しい素材というわけです。

オーガニックコットンの寝具が睡眠にとってよい理由

質のよい睡眠をとることは、健康にとっても日中を活発に過ごすためにもとても大切です。睡眠の質を上げるためにはさまざまな要因が影響しますが、寝具も重要な要素のひとつです。自分に合った寝具を揃え、快適だと感じる環境作りを整えることが質のよい睡眠へと繋がります。

──オーガニックコットンの寝具が睡眠によい理由は?

オーガニックコットンの寝具が質のよい睡眠をもたらす最大のポイントはオーガニックならではの素材の「健やかさ」にあると思います。

通常のコットン素材よりも肌触りがよく、赤ちゃんや敏感肌の人にとってもおすすめです。例えば布団ですが、とてもリラックスできる感触で、リピーターさんの中には「綿畑に寝転がるよう」という方もいらっしゃいます。夏場に使うガーゼケットは、軽くて心地がよく、洗うと更に柔らかくなります。

しかも、洗ってもすぐ乾くので、非常に清潔に使うことができますよ。冬に使う綿毛布は、コットンのオイル分が空気を含むので、保温性があって暖かいんですね。こうしたあらゆる観点からも寝具には最適な素材であると言えます。健康的で心地よい寝具環境が整います。

──オーガニックコットンならではの感触とは?

綿素材は、綿本来のふわふわとした肌触りが特徴なんですが、これは綿に含まれるオイル分のおかげによるものです。オイルを含むことで雨から水をはじき、綿の中にある種を腐らせないように守るという植物の持つ自然の本能が働き、その肌触りが守られます。

また、この綿の繊維は中空構造になっていて、例えるとストローのような形をしています。だから通気性や保湿性がよいのですが、化学薬剤で処理すると、この空洞部分が潰れてしまうために通気性が悪くなってしまい、風合いや感触に影響します。自然のまま加工されることで、本来の力が壊れず生きているので、オーガニックコットンは触れたときの気持ちよさが違うというわけです。

──肌が弱い方や赤ちゃんにもおすすめなんですね

最近は、環境や生活の変化などによる影響で、化学物質に反応される方も増えているようで、そういった方々からのご要望や質問が多くなっているんです。寝具が合わないことで身体が反応してしまい、不快感から眠りたいのに眠れないと悩まれる方もいらっしゃいますが、オーガニックコットンは化学的な刺激もないので、リラックスでき素材の心地よい感触に浸ることができます。また、汗っかきで肌がデリケートな赤ちゃんにもおすすめです。

<オーガニックコットンの寝具 メリット>

・自然由来の素材で肌触りがよくリラックス効果が期待できる
・夏用の寝具アイテムは軽くて心地がよいため夏場でも快適
・冬用の寝具アイテムは保温性や保湿性に優れ暖かい
・洗うことで更に柔らかい感触になり風合いも損なわれにくい
・洗ってもすぐ乾くので清潔
・化学的な刺激がないので敏感肌の方や赤ちゃんにもよい

オーガニックコットンと一般的なコットンの違い

農薬や化学薬品を大量に使用する一般的なコットンとの環境への影響以外では、どのような違いがあるのでしょうか。

──コットンとオーガニックコットンの違いは何でしょうか?

コットンは、遺伝子の組換えや発芽促進剤を使用した種で栽培の過程で、農薬や化学肥料などが使われているのに対し、オーガニックコットンは、遺伝子組換えではない種を使用し、有害な合成化学農薬や肥料を用いずに栽培されています。

──通常のコットンに比べて高価なイメージがあります

製品に化学的なものを使わないということは、とても手間がかかる作業なので、天然で手作業の製品は、生産量が少なく高価でもあるかもしれません。ですが、製造工程の上でも化学的な加工をせず作られたオーガニック製品は、風合いや心地よさも含めて長持ちなので、安価なものを買い替え続けるよりは、心地よいものを長く使えるよさがありますね。

身体によさそうというなんとなくのイメージはあったオーガニックコットン。その理由を知ってみると、なるほどと納得するものばかりでした。自然のままの素材を使った寝具は、心地よい眠りをサポートしてくれるだけでなく、長く愛用できるといった利点も持っているんですね。環境面に優れているという点も素晴らしいですね。寝具の肌触りが気になる、安眠できないとう方は素材を見直してはいかがでしょうか?

取材・文/数野由香子

LINEで送る

関連するキーワード

  • 最近ぐっすり眠れてる?あなたのぐっすり度を判定

今すぐ無料登録で「ぐっすり」を手に入れよう!

Good Sleep Factory
(グッドスリープファクトリー)とは

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」では、睡眠に関するお役立ち情報や、快眠のためのポイントを紹介しています。
大塚家具の眠りの専門スタッフ“スリープアドバイザー”によるベッドの選び方や、寝室コーディネートの紹介、眠りに精通した医師・専門家によるアドバイスまで、快適な眠りで豊かなライフスタイルを実現するためのサポートをいたします。