MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

パワーストーンの安眠効果 眠りをスムーズにする石の力とは

安眠を得るために、アロマオイルやピローミストなどを取り入れる方もいらっしゃると思いますが、パワーストーンにも安眠への効果があることをご存知でしょうか?質のよい睡眠に効果的なパワーストーンの種類やその使い方について、自由が丘の天然石専門店「hanalei」さんにお話を伺いました。

パワーストーンの長きにわたる歴史

──人々は、いつの時代から石をお守りのように扱っていたのでしょうか。また、どのようにパワーストーンが発展してきたのか、その歴史を教えてください。

天然石や宝石は、古代より幸運を運ぶお守りとして世界中で多くの人々に愛されてきました。世界各地の古代遺跡から石の宝飾品や勾玉などが多数出土しており、魔除けの護符や医療のため、そして権威・権力の象徴として利用されてきました。

紀元前1500年の世界最古の医学百科には、ラピスラズリ、アズライト、ヘマタイト、金、銀、銅などの天然石が、肉体的・精神的な病の治療薬として使用されていたことが記されていると言われています。

天然石がパワースト―ンと命名され、日本で注目されるようになったのは1980年代後半以降のことです。 天然石には癒し(ヒーリング)の力があると解釈されるようになり、ニューエイジムーブメントの舶来も手伝って、天然石に意識を向ける人々が増えるようになりました。

また現代では、セドナやダイヤモンドヘッド、エアーズロック(ウルル)やストーンヘンジのように、石英や方解石などの鉱物が多く埋まっている土地や、信仰の対象であった巨岩そのものがパワースポットとして人気を集めています。

パワーストーンと呼ばれている石だけが特殊なパワーを持つということではなく、宝石や岩石も同じように人々にパワーやエネルギーを供給してくれます。それは、地球に育まれた天然石が人類に与えてくれる大いなる恩恵でもあります。

2

パワーストーンはどう選ぶ?

──パワーストーンの種類はどのように選べばよいのでしょうか?

パワーストーンを選ぶときにおすすめなのは、実物のストーンを見たとき、直感的に惹きつけられるものを選択されることです。パワーストーンの効果や働きが願望と合致していても、持ち主とストーンとの相性(波長)が合っていないとその効果が実感できないことも多々あります。通販で購入する場合は、石の説明を参考にしながら、直感も働かせて選んでみましょう。

──安眠を得るためのパワーストーンは、どんな場所に置き、どのように使うとよいのか、その使用方法を教えてください。

よい睡眠を得たいときには、タンブルストーンを枕の下に入れてお休みください。このとき、布でくるんだり袋に入れたりせずに、そのまま入れた方がよりダイレクトに作用するのでおすすめです。タンブルストーンとは、原石を磨いて表面をツルツルに仕上げた1.5cm~3cmほどのパワーストーンです。比較的安価で購入できるので、初心者にもお手軽にご利用頂けます。

大きなタンブルストーンや原石の場合は、寝室のベッドサイドに置くのがおすすめです。

3

安眠効果を促すパワーストーンとは

──安眠効果をもたらすパワーストーンを教えてください。

どんな種類の石がその方の睡眠に効果的であるかは個人個人によって違いがあります。まずは、ご自身の睡眠を妨げている原因を把握する必要があります。ここでは、パワーストーンを使用して安眠を得るための3つのアプローチ(原因別)を紹介いたします。

アプローチ1(脳が疲労している場合)
頭部にエネルギーがもたらされることで、脳を休息、リラックスさせるパワーストーン
⇒アメジスト・ラベンダーアメジスト・マラカイト

アプローチ2(神経が疲労している場合)
神経に働きかけ、緊張感を緩和し副交感神経を優位にしてリラックスを促すパワーストーン
⇒マラカイト・プレナイト・シトリン・ムーンストーン・ブルームーンストーン

アプローチ3(心が疲労している場合)
精神的な心配事や悩みを心から解放し、脳裏にネガティブな思いがある状態をなくし安心感を促すパワーストーン
⇒マラカイト・プレナイト・セレナイト・セレスタイト・スモーキークォーツ

睡眠を妨げている原因がいくつかある場合には、1種類だけではなく、3種類程度までのストーンをお持ちになっても問題ありません。

──安眠をもたらすパワーストーンは身体のどこに働きかけて、どのように作用していくのでしょうか?

アメジスト
石の特徴:透明感がある紫色の水晶。
働きかける身体の部位:額~頭部
アプローチ:脳&神経の疲労緩和

頭部(脳)に休息を与えリラックスさせることで、よい睡眠へと導きます。仕事や勉強などでいつも脳がフル回転している方は、交感神経が優位になるためリラックスできず、よい睡眠をとることが難しくなってしまいます。寝つきが悪い方、朝、目覚めた時に疲労感が残っている方も、脳の充分な休息を得られていないので、おすすめです。

マラカイト
石の特徴:和名「孔雀石」。孔雀を彷彿させる美しい模様をもつ緑色の石。
働きかける身体の部位:胸部(ハート)、眼~額~頭部
アプローチ:脳&神経&心の疲労緩和

脳の疲労や神経疲労を緩和するほか、精神的な部分にも働きかけます。神経の使い過ぎで脳がリラックスできず、よい睡眠がとれない方や、不安感や心配事で夜間も悩んでしまい、上手に睡眠がとれない方の睡眠をサポートします。

プレナイト
石の特徴:爽やかなアップルグリーン色の半透明の石
働きかける身体の部位:みぞおち~胸部(ハート)~喉
アプローチ:神経&心の疲労緩和

神経のバランスを整える力が高く、緊張をほぐしリラックスを促します。精神面・肉体面に癒しを与えてくれるので、心身ともに疲労がたまっていて、ゆっくり休息を取りたいときに穏やかな睡眠へと誘導してくれます 。神経過敏な方や心配性の方にもおすすめです。消化器への働きも高いとされています。

4

悪夢に効くパワーストーン

──ドリームキャッチャーのような、悪夢を避ける働きのあるパワーストーンはあるのでしょうか?

人が夢を見るのは、睡眠中に潜在意識の整理をするためで、悪夢を見るときは、潜在意識にたまった感情的ストレスが夢となって投影されると考えられています。悪夢を見ると誰しも嫌な気持ちにかられると思いますが、ストレスとしてため込んできた感情を整理して解放させる、心の浄化作用になるそうです。

そのため、悪夢をよく見てしまう方は、あまり悲観して怖く思わずにポジティブに受け止めることをおすすめします。悪夢を避ける効果をもたらすために、心の奥にたまったネガティブな感情を解放するパワーストーンをご紹介しましょう。

アプローチ1 ネガティブな思考や心をポジティブに変換するパワーストーン
⇒ラピスラズリ・アメジスト・チャロアイト・ソーダライト

ラピスラズリ
石の特徴:和名「瑠璃(るり)」。やや紫味を帯びた濃い鮮やかな青色(瑠璃色)の不透明な石。
働きかける身体の部位:喉~額~頭部

夜空に散りばめられた星々のような趣を醸し出すとても美しいラピスラズリは、宝石としての人気が高い石ですが、顔料の素材として世界でも古くから使用されており、日本画の絵具としても珍重されています。

マイナスをプラスに転じる愛の石で、幸運を引き寄せる護符として名高く、魔除けや邪気除けの力が高いとされています。恐怖心や不安感などで、マイナス思考になっている人の心を癒し、清浄化して、心を外界に向けて開放する力を持っているので、悪夢対策には最適です。

アプローチ2 心や感情を癒すパワーストーン
⇒インカローズ・ローズクォーツ・ロードナイト

インカローズ(正式名称/ロードクロサイト)
石の特徴:ピンク色又はオレンジに近いピンク色の不透明の石。白色や黒色の縞模様が入るものや半透明のものもある
働きかける身体の部位:腹部、胸部(ハート)

女性にとても人気の高いパワーストーンで、深い愛を象徴する石です。心に不満が溜まっている状態のときに、胸のつかえをスッキリさせて前向きになれるように促します。過去のトラウマにまつわるような悪夢を見るとき、精神的にも肉体的にも頑張り過ぎで、心身ともに疲弊して悪夢を見てしまうときに、安眠をサポートしてくれるでしょう。

5

アプローチ3 地に足をつけて安心感を得るパワーストーン
⇒スモーキークォーツ

スモーキークォーツ
石の特徴:茶色の水晶で透明感がある
働きかける身体の部位:足裏~足~股(尾てい骨)

地に足をつけることを促し、落ち着きと安心感、リラックスを与えます。不安感、恐怖心、焦燥感などのネガティブな感情から心を解放する作用があります。また、神経の高ぶりを抑え、心の状態を安定させるので、不眠改善にも効果的です。理由がハッキリしない不安感や焦りが襲ってくるときに悪夢から解放してくれるでしょう。引っ越しや転勤など、慣れない土地で落ち着かない場合にも推薦できるストーンです。

眺めているだけでも美しいパワーストーン。寝つけない、悪夢でうなされてしまうなど、睡眠の悩みにつきまとう不安感に寄り添ってくれるだけでなく、石の美しさに癒されながら、触れたり枕に忍ばせたりと、入眠儀式にもひと役買ってくれそうです。安眠をサポートするパワーストーン、ご自身に合うものを探してみませんか?

注:パワーストーンの働きや効果については、古来より伝承される「いわれ」であり、その効果を100%保障できるものではありません。また、パワーストーンの働きや効果については諸説ございます。

パワーストーンの浄化やお手入れの方法は、石の種類によっても異なります。こちらをご参照ください。
https://www.hanalei-stone.jp/contents/care/

6

hanalei (ハナレイ)
1999年開業。アクセサリーや原石、クラスターなど250種類以上の石を扱う。丁寧な対面販売を行っており、相性テストなどを通して個人個人に相性のよい石を選ぶことができる。初めての方も愛好家の方も安心して購入することができる、東京、自由が丘にある天然石の専門店。
https://www.hanalei-stone.jp

LINEで送る