MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

朝起きたときにのどが痛い! マスクで寝るのはいい眠り方?

朝起きると「のどが痛い…」「口の中がとても乾いている」といって、寝るときにマスクを着けている人が増えています。マスクと言えば、風邪やアレルギー対策として外出するときに使用するのが一般的なイメージ。マスクをして寝ることは、よい睡眠スタイルなのでしょうか?

のどが潤い、風邪予防が期待される

肌寒い秋から本格的な冬に向けて、乾燥が気になる季節になってきました。のどの粘膜が乾くと、風邪の菌や感染症のウイルスなどがのどに付着して炎症を引き起こす要因に。風邪を中心とした体調不良や病気に直結するので、対策をしていきたいものです。

そんなとき、手軽な方法として注目されているのが寝るときのマスク。のどの乾きを和らげるほか、いろいろなメリットがあります。

のどが保湿される

睡眠時のマスク効果が最も現れるのが、のどの保湿。マスクをして寝ると、息がマスクの中にこもり、湿度が高くなって寝ている間の乾燥を防ぐため、のどを痛みやイガイガから守ることができます。口を開けて寝るクセがある人でも、マスクをしていれば快適に眠れそうです。

風邪や感染症などの予防になる

マスクの中は、吐く息の湿気で高温多湿になります。風邪の菌や感染症のウイルスは冷たく乾いた空気を好み、高温多湿だと増殖しにくくなると言われています。

身体が温まる

マスクの中では温まった空気を吸うことになるので、身体が冷えにくくなります。身体が冷えると寝つきが悪くなることがあるので、睡眠の質の低下を防ぐのに役立ちます。

花粉症の悪化予防に

花粉症による鼻づまりなどの症状で、寝つきが悪くなることは珍しくありません。室内に浮遊する花粉をシャットアウトして症状の悪化を防ぎ、安眠へと導きます。

息苦しさや、肌トラブルが起こることも

ただし、マスクをしたまま寝ることには、いくつか注意点があります。鼻から口を覆うことで息苦しくなったり、眠っている間にマスクのゴムが擦れて耳が痛くなったりすることがあるので気をつけましょう。寝返りを何度も打って顔を動かすことでマスクがずれ、肌とマスクが摩擦を起こすことも。高温多湿を好むニキビ菌などがあるので、肌トラブルが出ることも珍しくありません。

ガーゼやシルク素材で、立体型がおすすめ

では、息苦しさや、肌トラブルなどに気をつけるためには、どのようなマスクを選ぶとよいのでしょうか。

マスクは清潔なものを使うのが大前提です。使い捨てならひと晩使ったら捨てるようにし、何度も使えるものはこまめに洗濯して清潔を保ちましょう。肌に優しく、通気性のよいガーゼやシルクタイプ、就寝用マスクなどが寝るときに適しています。

きつめのタイプは避け、頬をカバーして耳の側まで覆ってくれるほど大きめのサイズで、フィット感がある立体型を選ぶことも大切です。

マスクを着用して寝ることのメリットと注意点を理解し、自分にあったマスクを着用することで、健康に配慮し、睡眠環境を整えることができます。乾燥時期の睡眠スタイルとして、試してみてくださいね。

【参考文献】
「肌らぶ」寝るときにマスクをすると良いって本当?そのメリット・デメリット
http://hadalove.jp/sleeping-mask-46859
「ネムジム」風邪の予防にマスクをしたまま寝るのって大丈夫?
http://nemgym.com/201506157059/
川村耳鼻咽喉科クリニック公式ブログ「耳・鼻・喉の健康情報局」マスクに風邪を予防する効果はあるの?ないの?効果的な使い道とは?
https://www.jibika-operation.com/mask-effect

文/内藤綾子

LINEで送る