MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

【大塚家具のアドバイザーが解決】マットレスは通気性で選ぶ!

ジメジメ・ムシムシと寝苦しい梅雨の季節は、マットレスの蒸れも気になるところ。睡眠中の快適さはもちろん、衛生面も心配です。そこで、マットレスの通気性をよくするための工夫や、通気性のよいマットレスを選ぶポイントについて、寝具に詳しい大塚家具のスタッフに聞きました。

マットレスの通気性が悪いと、いつの間にか黒カビが!?

-マットレスの通気性が良くないとどうなる?

夏特有のマットレスにまつわるお悩みには、大きく2つあります。1つは、蒸れ感。これはマットレス自体というより、マットレスの上に敷くベッドパッドに吸湿・発散性のよいものを選ぶことで、かなり解消できると思います。

もう1つは、衛生面でのお悩み。「今使っているマットレスをよく見てみたら、黒いポツポツがあって……もしかしてカビ?」といった声はよく耳にします。マットレス=金属のバネといったイメージかもしれないですが、その周りには布やウレタンがたくさん使われているので、湿気が溜まりやすいんです。なるべく通気性のよい環境をつくってあげることが大事ですね。

通気性を上げる一番のおすすめは、ダブルクッション仕様。

-マットレスの通気性をよくするには?

マットレスの通気性をよくするための一番のおすすめは、ダブルクッション仕様にすること。あまり聞き慣れない用語かもしれませんが、ホテルのベッドをイメージしていただくと分かりやすいと思います。ボトムと呼ばれるスプリングの入ったベッドフレームに、マットレスを重ねて置くスタイルです。

tsuukisei02

通常、マットレスはベッドフレームの上に載っていますよね。湿気を含んだ空気は重いので、どんどん下に降りていきます。だから、実際はマットレスよりも、ベッドフレームの方に湿気は溜まりやすいんです。

ダブルクッション仕様の場合は、マットレスの上に横になると、ボトムも一緒にしなってくれ、湿気を含んだ空気を押し出して、空気を対流させてくれます。また、寝心地もアップしますし、マットレスの耐久性も上がるという、いいこと尽くしなんです(笑)。

どうしてもマットレスの下を収納スペースとして使いたい場合は仕方がないと思いますが、そうでない方には、私はダブルベッド仕様をおすすめします。「こういうスタイルは、ホテルだけだと思っていた」というお客さまがほとんどですが、寝心地や耐久性、通気性がアップすることをご紹介すると、とても気に入ってくださることが多いです。

ただし、ボトムの脚の高さは商品によって異なるため、お掃除ロボットがボトムの下に入らない場合もあるので注意してください。

ポケットコイルのマットレスは、クッション材の通気性に着目。

-マットレス自体に通気性のよいものを選ぶには?

金属製コイルの中で通気性が一番よいのはボンネルコイルのマットレス。らせん状のバネをつなぎ合わせたタイプですね。

tsuukisei03

ただ、ボンネルコイルの場合、寝心地に少し跳ね返り感があるので、それが苦手な方や寝心地を重視する方には、ポケットコイルのマットレスをおすすめしています。独立したコイルを1本ずつ不織布に入れてつなげることで、より身体のラインに沿ってフィットする寝心地をつくりだします。一方で、通気性はボンネルコイルに比べて劣るという欠点も。

そこで、ポケットコイルのタイプであれば特に、クッション材に通気性への配慮がなされているタイプがおすすめです。例えば、レガリアというブランドの『パーフェクション』というモデル。

tsuukisei04

なかの構造を見てみると、ポケットコイルの上に載っているクッション材に、小さな穴(ピンホール)が開いています。この穴が、こもった空気を外に逃がしてくれるんです。レガリアのマットレスは、どのモデルも周囲をウレタンで囲むことで、端の方まで寝心地をよくしたり、耐久性を強化しているのも特徴ですが、そのウレタンにもピンホールが開いていますよ。

また、金属のコイルが入っていないノンコイルタイプのマットレスは、特に通気性が気になりますよね。レガリアでは、ノンコイルマットレスでも、なかの素材がすべてピンホール仕様になっているのでより安心です。

もう1モデル。フランスベッドに、通気性に配慮した『EZ-BAE DLXAS』というマットレスがあります。これは、ブレスエアという高反発の新素材をクッション材に使っています。

tsuukisei05

コイル自体も連続コイルで通気性が高いのですが、「ブレスエア」と組み合わることで、より熱や湿気がこもりにくい快適な環境を保ってくれます。また、「ブレスエア」は新幹線のシートにも使われているほど、耐久性が高い点も魅力ですね。

片面がメッシュ生地になっているので、夏場により快適にお使いいただけると思います。やや硬めの寝心地になっているので、そういった寝心地がお好みの方で通気性が気になる方にはぴったりです。

梅雨の時期はもちろん、一年を通して快適に眠っていただけるように。これからマットレスやベッドフレームの購入を検討されている方は、ぜひボトムとマットレスを重ねて使うダブルクッション仕様も選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょう。大塚家具のショールームでも、ダブルクッション仕様の寝心地をお試しいただけます。ご質問やご相談などあれば、お気軽にお声がけくださいね。

======================================
レガリアの紹介ページはコチラ
======================================

*記事中で表示した商品については、商品モデルの入れ替えなどに伴い、内容が変更になる場合もあります。

LINEで送る

関連するキーワード

  • シモンズ、シーリー、レガリアなど取り揃え
  • ベッドの選び方や眠りのお悩み相談までプロがサポート!

今すぐ無料登録で「ぐっすり」を手に入れよう!

Good Sleep Factory
(グッドスリープファクトリー)とは

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」では、睡眠に関するお役立ち情報や、快眠のためのポイントを紹介しています。
大塚家具の眠りの専門スタッフ“スリープアドバイザー”によるベッドの選び方や、寝室コーディネートの紹介、眠りに精通した医師・専門家によるアドバイスまで、快適な眠りで豊かなライフスタイルを実現するためのサポートをいたします。