MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

【眠りの専門家おすすめ】夏の快適な睡眠のススメ

蒸し暑くて寝苦しい夏は、睡眠の悩みが増える時期。日中の暑さで疲れもたまりがちなこの季節こそ、ぐっすり眠って毎日リセットしたいものです。そこで、夏の睡眠の質を上げるための寝具選びのコツから生活習慣に取り入れたい快眠術まで、大塚家具のスタッフに聞きました。

ベッドパッド1枚で、蒸し暑い夏の睡眠が変わる!?

-夏の睡眠の悩みに多い、蒸し暑さを解消するコツは?

夏の睡眠のお悩みで、一番多いのが「暑くて蒸れる」という声です。日本の夏は湿度と気温が高くて、不快指数が高いですよね。ぐっすりと眠りたいなら、その暑さと蒸れ感を軽減してあげることがポイントです。

季節を問わず、私たちは寝ている間にコップ1杯の汗をかくと言われています。寝具には、その汗を吸収して、発散する役割があるものを選ぶことが大切です。最近、マットレスでは、フィット感をよくするためにクッション材をたくさん使っているモデルも増えていて、特にこの時期には「蒸れて暑いのでは?」と心配される方もいらっしゃいますよね。

クッション材をたくさん使っているから蒸れやすいということではなく、マットレスの蒸れ感は上に敷くベッドパッドによって、大きく変わるんです。夏の時期もシーツのみでベッドパッドを使っていないという方は、夏こそベッドパッドに注目してみてください。

蒸し暑い夏こそ、羊毛(ウール)のベッドパッド。

-夏の睡眠の悩みに応えるベッドパッドとは?

蒸し暑い夏に特におすすめのベッドパッドは、吸湿・発散性に優れた羊毛(ウール)の入ったタイプ。もちろん、季節を問わず一年中お使いいただけます。実は大塚家具のベッドパッドの中で一番の売れ筋商品が、羊毛を使った「エルプレミアム」という商品なんです。

natsunokaiteki02

ウールと聞くと冬の素材というイメージがあるかもしれませんが、実は夏こそ快適にお使いいただける素材。私の知り合いの話ですが、化繊のベッドパッドで背中の暑さに悩まされていたところ、羊毛のベッドパッドに変えたら快適に眠れるようになったそうです。少しお値段も高いのですが、湿気がこもりにくいという特徴があるので、衛生的にも安心で長くお使いいただけるでしょう。

image3

エルプレミアム」は、側生地がメッシュとニット地のリバーシブルになっています。夏はメッシュの面を上にしていただくと、より快適な肌触りに。なかの羊毛による厚みもあるので、かためのマットレスをお使いの場合は、寝心地がよくなるというメリットもあります。

エアコンを使うなら、タオルケットではなく羽毛の掛け布団を。

-蒸し暑さや冷えなどを感じて、途中で目覚めないためには?

最近は、寝室でエアコンを使われる方も多いと思いますが、エアコンのタイマーが切れたときに目が覚めたり、エアコンをずっとつけていると明け方寒くて目が覚めたりする場合もありますよね。

先ほども「私たちは季節を問わず寝ている間にコップ1杯分の汗をかく」とご説明しましたが、夏は特に汗の量も増える場合が多いでしょう。その水分が発散されないと蒸れて不快に感じて目が覚めたり、逆に冷えて目が覚めたり。だからこそ、掛け布団にも吸湿・発散性の高いものを選ぶことが大切です。

夏は、綿やポリエステルのタオルケットを掛け布団としてお使いの方もいらっしゃると思います。ただ、これらの素材は汗をしっかりと吸ってくれるものの、発散する力が弱いんです。結果として、汗を吸って濡れたタオルケットをまとった状態に。濡れた布を身体に載せていると考えると、エアコンが切れたときに寝苦しく感じたり、逆にエアコンで寒気を感じたりということもイメージしやすいですよね。

そういったことをふまえて、私たちが夏の掛け布団としておすすめしているのが、通気性のよい羽毛の掛け布団。羽毛布団は自分の体温で寝られるので、保温しすぎることも冷やしすぎることもなく、季節を問わず快適に眠れるアイテムです。

夏の羽毛布団を選ぶときは、通気性にこだわって。

-夏に使うのにおすすめの羽毛布団は?

夏に羽毛布団をお使いになるとき、特に気をつけていただきたいのが、通気性。羽毛は基本的に吸湿・発散性に優れているのですが、側生地の通気性が悪いとその機能を妨げてしまいます。市販の羽毛布団のなかには、羽毛の吹き出しを防ぐために側生地にコーティングが施され、通気を妨げてしまっているものがあるので、気をつけていただきたいですね。夏に使うと、蒸れて不快に感じてしまいます。

大塚家具でよくご紹介するのは『ダウナ』という高品質の羽毛布団。目の細かいエジプト長帳綿の側生地と、ダウンボールが大きいホワイトマザーグースのダウンを使うことで、コーティングしなくても羽毛が吹き出しにくくなっています。そのため通気性が非常に高いのが魅力です。

natsunokaiteki03

夏にエアコンを使う方であれば、肌掛けタイプのほかにもミディアムタイプやレギュラータイプもお使いいただけます。実は私も、ミディアムタイプを1年中使っています。「夏に羽毛布団は暑くないの?」と聞かれることもありますが、暑いという感覚は全くないですね。

身体の熱は手のひらと足の裏から放出されるので、少し暑さを感じる場合は、手と足は羽毛布団から出して使っていただくのがおすすめ。

私たちは「暑い」と思うと、体感温度が上がってさらに暑さを感じてしまうといった話を聞いたことがあります。睡眠前や睡眠中にできるだけ「暑い」と感じないですむように、吸湿・発散性に優れた寝具を取り入れてみてはいかがでしょう。

======================================
ダウナの紹介ページはコチラ
======================================
*記事中で表示した商品については、商品モデルの入れ替えなどに伴い、内容が変更になる場合もあります。

LINEで送る

関連するキーワード

  • ベッドの選び方や眠りのお悩み相談までプロがサポート!
  • ベッドの選び方や眠りのお悩み相談までプロがサポート!

今すぐ無料登録で「ぐっすり」を手に入れよう!

Good Sleep Factory
(グッドスリープファクトリー)とは

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」では、睡眠に関するお役立ち情報や、快眠のためのポイントを紹介しています。
大塚家具の眠りの専門スタッフ“スリープアドバイザー”によるベッドの選び方や、寝室コーディネートの紹介、眠りに精通した医師・専門家によるアドバイスまで、快適な眠りで豊かなライフスタイルを実現するためのサポートをいたします。