MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

寝室をドレスアップ! カーテン生地で快眠ファブリックパネル

この夏は、寝室にファブリックパネルを飾ってインテリアの雰囲気を変えてみませんか? 軽くて手軽に取り入れられ、あたたかみのある素材感は快眠という視点からもおすすめ。カーテン生地で作ったファブリックパネルのコーディネート術を大塚家具の『インテリアスタイリスト』に聞きました!

ファブリックパネルで、さらに快眠できる寝室に!

—ファブリックパネルが寝室におすすめの理由は?

寝室は、白い壁の面が多くて簡素な雰囲気になったり、生活感が出でしまったり、インテリアをまとめるのがむつかしい空間ですよね。そんなとき、壁に装飾があれば空間にメリハリが出て、インテリア的にもオシャレでかっこいい空間を演出できると思います。

装飾の中でも、例えば、油絵を選ぶと重厚感のある空間になったり、水彩画を選ぶと透明感のある爽やかな雰囲気になったり。写真であれば、ちょっとアーティスティックな雰囲気の演出にもなりますよね。

一方、素材感のあるファブリックパネルなら、あたたかみのある、やわらかい印象になると思います。快眠のキーワードである「リラックス」や「くつろぎ」を求める寝室には、見ているとほっこりとするような、ファブリックパネルは向いているんです。

絵画やリトグラフと違って重い額装がないので、軽いのも魅力の1つ。サイズによっては、押しピン1つあれば取り付けられるので、気軽に取り入れていただきやすいと思います。

お気に入りのカーテン生地で、サイズも柄も自由に。

—寝室におすすめの飾り方は?

大塚家具では、既成のファブリックパネルの販売もしていますが、カーテン生地を使ってオーダーメイドでお作りすることもできるんです。カーテンと合わせてご購入いただいたく場合もありますが、カーテンの設置で伺った際に「壁面が少しさみしい」ということでご検討されるお客さまもいらっしゃいますね。

既製品の基本サイズは、40cm×40cm、50cm×50cm、60cm×60cmですが、サイズも自由にオーダーしていただけます。飾り方としてベーシックなのは、ベッドのヘッドボードの上に飾るパターンですね。

シングルサイズのベッドであれば、小さめの正方形のものを1つかけるだけで雰囲気が変わると思います。例えば、ブルーの魚柄のテキスタイルであれば、夏の寝室や子ども部屋にもぴったり。おそろいの柄でクッションカバーをコーディネートすると、よりまとまり感も出ますね。

ダブルサイズやクイーンサイズのベッドであれば、横長のパネルを飾るのも素敵ですね。また、小さな正方形を3つ並べて飾ったり、あえて大きさの違う形を組み合わせてみたり、並べ方を考えるのも楽しいと思います。

色のリピートで、センスよくコーディネート。

—寝室に取り入れるなら、どんな色や柄がおすすめ?

癒しの色と言われるグリーンやラベンダー、心を静める色と言われるブルー、筋肉をゆるめる効果が期待できて、時間を長く感じさせてくれるベージュなどが、快眠カラーとしては有名です。

寝室の場合は、対比色(赤の場合は緑)は使わず、同系色や類似色でまとめる方が、快眠できるようなリラックス空間を演出できます。特にやわらかい雰囲気が魅力のファブリックパネルでは、やさしい色合いのものがおすすめですね。

寝具のカバーリングの色も、白、ベージュ、グレー、ブルー、グリーン、ピンク、ラベンダーなどが多いですよね。キーカラーを決めて、ファブリックパネルにリピートすると、センスよくまとまると思います。

例えば、ベッドカバーのラベンダーをキーカラーにしてコーディネートするのであれば、ラベンダーの花柄のファブリックパネルを合わせて。ピンクだと甘くなりがちですが、ラベンダー系は男女関わらず取り入れやすい色です。同系色のグレーを組み合わせると、品のあるコーディネートになりますね。

壁にかけてもいいですし、ドレッサーやローチェストの上に立てかけて飾るのも、おしゃれだと思います。小物にもラベンダーを組み合わせると、寝室全体をドレスアップしていただけますね。色数をあまり増やさず、リピートするのが上手にまとめるコツです。

お気に入りのテキスタイルでまとめて、完成度をアップ。

—寝室のコーディネートを自分らしく楽しむコツは?

カーテン生地はバリエーション豊富で、柄を選ぶのも楽しいですよね。ファブリックパネルやクッションカバーなど、お気に入りのテキスタイルを使って自分だけの特別なアイテムを取り入れると、より居心地のいい寝室になると思います。

例えば、有名なウィリアム・モリスのテキスタイルであれば、「ちょうど鳥が苺をついばんでいる部分で」といったオーダーでお作りすることもできます。照明のシェードをカーテン生地でオーダーすることもできるんですよ。

0818_5

寝室では、眠りの環境を整えることが第一なので、ベッドやマットレスを購入される段階では細部のインテリアまで手が回らないことも多いと思います。でも、少し落ち着くと、インテリアを楽しみたいという余裕もでてきますよね。そういうときに、同じファブリックを使ったアイテムをいくつか取り入れると、全体がコーディネートされてインテリアの完成度がグンと上がると思います。

大塚家具では、カーテン生地を使って、他にもベッドスプレッドやベッドスロー、ドレッサーの鏡カバー、チェアクッション、スリッパなどもオーダーしていただけます。少しずつアイテムを追加して、コーディネートを完成させていくのもいいですね。ホテルやショールームのようなまとまり感のある寝室コーディネートをめざして、まずは快眠カラーのファブリックパネルから取り入れてみませんか?

*記事中で表示した商品については、商品モデルの入れ替えなどに伴い、内容が変更になる場合もあります。

LINEで送る