MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

貧血のせいで不眠…実は●●不足が原因かも?不安を解消する栄養素とは

夜になると不安になる、イライラする、落ち込んでしまうなどマイナスの感情によって寝つきが悪いと悩む方が増えています。マイナスの感情が出てしまい不眠に陥る理由は、ある栄養素の不足による貧血が原因かもしれません。必要な栄養素を補い、貧血による不眠を解消しましょう。

貧血のせいで不眠になる理由とは

原因がわからないのになぜかやる気がでない、不安になる、イライラするなどの悩みがある方は、布団に入っても眠りにつきにくくなりがちです。マイナスの感情による不眠の原因は、血流の不調にあるかもしれません。
血流が不調になると貧血になり、赤血球が減ったり、酸素を運ぶ能力が低下したりすることがあります。貧血状態では、脳にも酸素を少量しか運ぶことができず、脳の働きが低下します。脳には心を落ち着かせるホルモンであるセロトニンや、やる気をだすために必要なノルアドレナリンを分泌させる役割があります。そのため、貧血になると不眠だけでなく、うつやパニック症状になってしまうこともあります。

貧血の原因になる栄養素とは

貧血を解消するために必要な栄養素は、ずばり「鉄分」。数値的には貧血でなくても、血液中の鉄が足りていない「かくれ鉄不足」の方が、特に女性に多く見られます。厚生労働省が発表した国民健康栄養調査の結果では、日本人女性のほとんどの年代で、鉄分の摂取量が不足していることが明らかにされています。鉄分が不足しがちな方は、まずは食事を見直して鉄分を補うようにしましょう。

鉄分を多く含む食品をとり入れよう

貧血の自覚症状がなくても、特に女性は鉄分が不足しがちなことがわかりました。身体に血を補うために、下記の食品を意識していただくようにしましょう。

・牛、豚、鶏のレバー

自宅で調理するのが難しい方は、中華料理店でレバニラ炒めを頼んだり、焼肉や焼き鳥店でレバーを注文したりしましょう。

・あさり、しじみ、帆立などの貝類

あさりやしじみの味噌汁を毎日に献立に取り入れるのもおすすめです。貝の砂抜きが面倒だと感じる方は、あさりの水煮缶を活用するのもよいでしょう。

・春菊、ほうれん草、小松菜などの葉野菜

濃い緑色の葉野菜も鉄分が豊富ですが、できるだけ旬の野菜をいただくようにしましょう。ハウス栽培によって年間を通してさまざまな野菜を手に入れやすくなりましたが、旬の野菜はおいしく栄養価もより高くなっています。

鉄分をとるときに注意すべきこと

鉄には、肉・魚や動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と、植物性食品や卵・乳製品に含まれる「非ヘム鉄」があります。ヘム鉄は体内吸収率が高く、非ヘム鉄は吸収率が低いと違いがあります。非ヘム鉄を含む食品をいただくときは、良質なタンパク質やビタミンCを多く含む食品も一緒に摂取すると、体内への吸収率がアップします。
反対に、コーヒーや緑茶に含まれるタンニンは鉄の吸収を妨げることがあるため、食後にいただく場合は時間を置くように心がけましょう。鉄分をしっかりとって、貧血による不眠を解消したいですね。

参考文献:
「血流がすべて解決する」(サンマーク出版)
国立がん研究センター がん情報サービス「貧血」
https://ganjoho.jp/public/support/condition/anemia.html

文/姜 奈々

LINEで送る