MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

【スリープアドバイザーが伝授】快適なベッドルームのレイアウトとは?

ライフスタイルの多様化にともない、忙しい現代人の睡眠の悩みはさまざまです。寝つきが悪い、朝起きるのがつらいといった眠りの悩み、実は寝室のレイアウトを見直すだけで改善を図ることができるんです。今回はスリープアドバイザーが、さまざまなケースに応じた寝室のレイアウトについて伝授します。

家族みんなで寝る場合は「2台置き」が快適の秘訣

新婚で新たな生活をスタートするタイミングで、ダブルベッドを購入される方は非常に多いと思います。しかしながら、お子さまができて手挟になり、ベッドを買い替えたり、買い足したりしているケースも多く見受けられます。それなら最初からベッドを2台用意しておけば、ライフステージが変わっても長く使えて、結果的にお得になるのです。

12

シングルサイズのベッドを2台ぴったり並べると、幅は約200cm。ダブルサイズ(幅約140cm)よりも60㎝以上大きくなります。6畳のスペースがあれば、シングルサイズのベッドを2台置くことも可能です。これであれば、広々としたベッドで家族全員がゆったり川の字になって寝ることができますね。家族揃ってのベッドタイムはお子さまにとっても嬉しいものです。

layout_image01

また、ゆくゆくはお子さま用のベッドとしても使えるので、無駄に買い替える必要がありません。経済的に助かりますよね。ダブルやクイーンなどの大きいマットレスに比べて、シングルサイズの方がシーツの付け外しも簡単なので日々のお手入れもしやすいというメリットもあります。

「2台置き」におすすめのベッドフレーム

item_01
ベッドフレーム「ノブルC 宮付き」

シンプルでスマートなフォルムのベッドフレーム。2台並べてもすき間が生まれず、見た目もすっきりと置くことができます。また、脚の取り外しが可能で小さなお子さまでも上り下りしやすいデザインも魅力です。
https://www.idc-otsuka.jp/item/item2.php?id=bedframe4593

①

夫婦でちょうどよい距離を保てる「夫婦別寝」

アンケートによると、50代以上の夫婦は、仲はよいけれど「寝るときは一人でのびのびしたい」という方が半数以上いました。寝るタイミングや寝る前のルーティーンがお互い違うことも影響しているのだと思います。そんな方には「夫婦別寝」がおすすめ。あえてベッドを少しだけ離すことで、お互いがちょうどよい距離で寝ることができます。

layout_image02

しかしながら、部屋を分けてしまうと相手の気配がまったく感じられず心配な方も。このように、ベッドの間にテーブルを挟むだけで、ひとりの空間を保ちつつ安心して寝ることができます。
就寝時間がそれぞれ違う場合は、照明の明るさにも気をつけましょう。天井照明の点灯は先に寝ている相手に迷惑なことも。フロアランプや手元灯を設置するなどの気遣いも忘れずに。

「夫婦別寝」におすすめのベッドフレーム

thumb_01z

ベッドフレーム 「オルフェ 引出しタイプ」

シンプルでありながら優美な印象を与えるデザインなので、寝室に2台置いても圧迫感を感じさせません。マットレスの下は引出し収納がついているので、夫婦それぞれ物を収納することができます。
https://www.idc-otsuka.jp/item/item2.php?id=bedframe8751

AA

ワーキングウーマンに嬉しい寝室の「眠り方改革」

忙しい日々の中で、いかに上手に休息を取り入れるかが日中のパフォーマンスを上げるコツ。寝室は「眠る」だけの空間ではなく、疲れた身体を「整える」空間と考えましょう。働き方改革を支えるのは「眠り方改革」。忙しく働く女性には、ベッドはゆったり眠れるセミダブルサイズ以上がおすすめ。このサイズならベッドの上でストレッチやヨガをすることも可能です。

layout_image03

6~7畳のスペースがあれば、1人掛けの椅子やリクライニングチェアを置いても、一人でゆったりくつろげるベッドルームをつくることができます。
就寝前に落ち着いたスロー・ミュージックを聴きながら、アートブックや写真集を眺めるのもリラックス効果がありそうですね。また好きな香りでリラックスする方法もあります。ラベンダーやカモミールの香りは眠りによいと言われているので、ぜひ取り入れてみてください。

長時間のデスクワークにより、目の疲れや肩こりにお悩みの方も多いのではないでしょうか。人が1日に目にする色の数は約15,000色と言われています。そのため、入眠前に過ごす寝室はできるだけ寝具などの色合いに気を付けたいもの。おすすめはペールトーンやグレイッシュなどの淡くて優しい色。気持ちを落ち着かせリラックスする効果があります。

ワーキングウーマンの「眠り方改革」におすすめのベッドフレーム

thumb_02z
ベッドフレーム 「シルファB グレー色」

フレームの表面に布の張地を施し、やさしい雰囲気を醸し出すベッドフレーム。ウッドスプリング仕様なので、身体の曲線や寝返りに合わせて体圧分散して身体を支えてくれます。
http://www.idc-otsuka.jp/item/item2.php?id=bedframe7676

お部屋の広さ別「レイアウトの目安」とは?

「私の部屋にはどのサイズのベッドが置けるの?」、「何畳あればベッドが2台置けるの?」など、ベッドルームについてお悩みの方はこちらのレイアウトを参考にしてみてください。

店頭バナー用ベッドレイアウト入稿out

LINEで送る

  • 最近ぐっすり眠れてる?あなたのぐっすり度を判定

今すぐ無料登録で「ぐっすり」を手に入れよう!

Good Sleep Factory
(グッドスリープファクトリー)とは

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」では、睡眠に関するお役立ち情報や、快眠のためのポイントを紹介しています。
大塚家具の眠りの専門スタッフ“スリープアドバイザー”によるベッドの選び方や、寝室コーディネートの紹介、眠りに精通した医師・専門家によるアドバイスまで、快適な眠りで豊かなライフスタイルを実現するためのサポートをいたします。