MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

寝起きのシャワーで朝の目覚めをスッキリ!

「身体が重くて疲れがとれていない」「頭がボーッとして眠気も残っている」といった朝に、スッキリした目覚めをもたらしてくれるのが、寝起きのシャワーです。暑い夏の朝にピッタリの朝習慣を提案します。

自律神経の切り替えがカギ

人の身体には体内環境を調整する自律神経が備わっています。自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があり、交感神経は身体が活動モードになるとき、副交感神経はリラックスモードになるときに優位になります。ふたつがバランスよく働くことで、生命活動は支えられているのです。

寝起きの身体は、まだ副交感神経が働いてリラックスモードの状態。副交感神経から交感神経へと切り替える方法のひとつとして簡単なのが、寝起きにシャワーを浴びることです。

体温と身体の覚醒リズムは連動しています。起きているときは身体を活動モードにさせるために交感神経が刺激され、体温はアップ。寝ているときはリラックスモードをもたらす副交感神経に切り替わり、体温はダウンします。そのため、起きたばかりの身体は体温が低い状態。寝起きにシャワーを浴びて身体を温めると、スムーズに活動モードへ入ることができるのです。

また、少し熱めの湯温や、皮膚に湯が当たる刺激も、交感神経を活発化させるのに効果的です。

寝起きにシャキッ!とするシャワーとは?

寝起きにシャワーを浴びるときは、次のことを心がけましょう。
・42~43℃くらいの、少し熱めの湯温に設定する
・水流を強めにして、首、肩、背中にかけて3〜5分浴びる
・首の後ろや横など、太い血管がある場所へ集中的に湯を当てるのもOK。血管を流れる血液が温まって体内をめぐり、より覚醒が促される
・寝起き直後に浴びるとリフレッシュができ、朝食がしっかり食べられる

私たちの身体は、眠っている間にコップ1杯分くらいの汗をかくと言われています。夏の朝は、身体全体が汗でジメジメしがちなうえ、汗や皮脂、アカなどは体臭の原因にもなります。寝起きのシャワーは、汗やにおいを抑え、身体をサッパリと快適にしてくれることにも役立ちます。

朝のコーヒーよりも試す効果アリ!

朝シャワーの習慣ができると、「夜の入浴をときどきサボってしまう」という人がいます。しかし、夜の入浴は身体の疲れをとり、スムーズに安眠へと導くのに重要です。夜はしっかりと湯船に入るようにしましょう。

朝のコーヒーよりも、シャワーを浴びる方が目覚め効果は高いと言われています。元気に一日をスタートさせるために、明日から朝シャワーを始めてみませんか?

参考文献:
・ウチコト「知らないと損! シャワーの上手な使い方「朝シャワー」」
http://tg-uchi.jp/topics/1168
・ベッド選びドットコム「朝のシャワーにはどんな効果がある?」
https://www.bederabi.com/faq/health/morning-shower.html
・テルモ体温研究所「知っておきたい体温の話」
http://www.terumo-taion.jp/terumo/report/18.html
・世界睡眠会議「「朝、起きるのが苦手!」な人がやるべきことは?」
https://suiminkaigi.jp/tips/tips-morninghack
・『1日1分で劇的に変わる!ねむりのレシピ』(ナツメ社)

文/内藤綾子

LINEで送る

関連するキーワード

  • 最近ぐっすり眠れてる?あなたのぐっすり度を判定