MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

コスパがよい人気マットレス比較!〜レガリア VS シモンズ〜

コストパフォーマンスがよいかどうかは、納得のいくマットレス選びをする上で大切なポイントの1つです。そこで、人気ブランド、レガリアとシモンズのマットレスについて、コストパフォーマンスのチェック方法を大塚家具の『スリープアドバイザー』に聞きました。

内部の素材や構造までチェックすると、その違いが見えてくる。

—マットレスのコストパフォーマンスを見極めるには?

やはり、内部構造の違いをチェックすることが、コストパフォーマンスを見極めるカギとなりますね。最近は技術も進化して、さまざまな素材が開発されています。

例えば、就寝時に身体に熱がこもって寝苦しく感じることがあると思いますが、そんな熱をこもりづらくするために開発されたウレタンクッションもあります。クッションの中に小さなビーズ状のジェルがあり、そのジェルが熱を吸収するようにできています。さらに、全体にピンホールのように無数に穴が空いた構造になっているので、より熱がこもりにくいという仕様になっています。

2

同じような価格帯のマットレスでも、このように素材や構造にこだわっているものもあれば、簡素的なつくりになっているものもあります。こういった違いは、お客さまご自身で商品をご覧になっても、なかなか分かりづらいですよね。より細かい違いを知りたい場合は、知識の豊富なスタッフに尋ねてみることをおすすめします。

同じ価格帯の人気マットレスでも、寝心地は大きく変わる!

—レガリアとシモンズのマットレスに、大きな違いはありますか?

レガリアは、「吸い込まれるような寝心地」というキャッチコピーがあるように、とてもふんわりとした身体にやさしい寝心地のマットレスをつくりだしているブランドです。価格帯は69,900円から1,000,000円(税込)と、幅広いラインナップになっています。

3

優れたフィット感と柔軟な弾力性を得るために、何層もクッションを重ねて絶妙な寝心地を生みだしています。また、表面の生地(側生地)を清潔に保てるよう、抗菌・防臭効果をプラスした特殊加工を施しているのも特徴の1つ。さらに、もしもの時にも安心な難燃素材(なんねんそざい)を使用しているんです。

アメリカ生まれのマットレスメーカー、キングスダウン社と大塚家具が共同開発したブランドで、取り扱っているのは大塚家具だけなんですよ。

一方、シモンズは、世界ではじめて『ポケットコイル』の商業化に成功し、世界のベッドメーカーに発展していったブランドです。ゆえに「ポケットコイルによる優れた耐圧分散」が特徴ですね。価格帯も、57,000円(税込)から100万円を超えるもの*までさまざまです。
*大塚家具で実際に試せる商品は一部に限ります。

4

レガリアのような「ふわっ」とした身体にやさしい寝心地というより、身体をしっかりとサポートしてくれる安定感のある寝心地といった印象があります。シモンズのマットレスにもさまざまなグレードがありますので一概には言えませんが、レガリアの同価格帯のマットレスと比較するとしっかりとした寝心地だという傾向があります。

レガリアの身体にやさしい寝心地を、高コストパフォーマンスで。

—コストパフォーマンスのよいレガリアの人気マットレスは?

1つは、『アリア』というモデルですね。シングルサイズで、109,000円 (税込)です。身体の凹凸が出やすい横向きの姿勢でもフィットしやすいように、クッションの層を何層にも重ねています。加えて、内部にコイル(金属のバネ)を使用していないノンコイルマットレスなので、軽量なのも魅力。お客さまからは、「シーツやベッドパッドの脱着がしやすくて助かる」といった声をいただく人気のマットレスです。

5

もう1つは、『オネスティ』というモデル。シングルサイズで69,900円(税込)と、レガリアシリーズの中でもリーズナブルな価格ながら、ウレタンのクッションを何層にも重ね、他のブランドでは味わえないようなふんわり感を実現しています。レガリアならではの最適な寝姿勢を保つ「身体にやさしい寝心地」を、高いコストパフォーマンスで叶えたマットレスですね。

6

また、腰の辺りには弾力性に優れたコイルを採用し、腰部分のサポート性を高めて過度な落ち込みを軽減しています。もちろん、身体にやさしい寝心地を損なうことなく耐久性も配慮されています。

シモンズの「スタンダード」を、高コストパフォーマンスで。

—コストパフォーマンスのよいシモンズの人気マットレスは?

シモンズでよくご紹介するのは「スタンダードマットレス」と言われている『5.5インチ レギュラー』ですね。シングルサイズで57,000円(税込)ですが、この価格帯でもポケットコイル構造を採用していて、身体を点で支える適度な沈み込みを実現しています。

7

マットレスを寝比べるときは、3つのポイントを忘れずに。

—購入前に、マットレスが自分に合っているかをチェックするには?

今回は、人気の高コストパフォーマンスマットレスという視点でご紹介しましたが、マットレスを選ぶ際には、横になって試してみることが大切です。ショールームなどで気になったマットレスを試すときは、以下のようなポイントでぜひチェックしてみてください。

(1)立ち姿を意識して
頭からつま先までのバランスが一番取れているのが、立っている時の姿勢。マットレスに横になるときもこの姿勢を意識してみると「腰が沈みすぎている」「腰が浮きすぎている」という状態が分かりやすくなります。

(2)いつもと同じ寝姿勢でも試す
仰向けだけでなく、横向きやうつ伏せなど、ふだん自分がとっている寝姿勢や体勢で試すことも大切です。店頭だと恥ずかしくて短時間ですませがちですが、しっかりとチェックしてみてください。

(3)枕も合わせる
マットレスを試すときは、必ず枕も合わせて。実際に使用する枕に極力近い高さ・柔らかさのものを用意してもらいましょう。枕の買い替えを検討しているなら、マットレスを選ぶときに一緒に合わせて買うのがおすすめです。

私の場合は、これらのポイントを踏まえながら、さまざまな構造のマットレスを寝比べた結果、自分に一番合っていると感じたのが、レガリアの身体にやさしい寝心地タイプのマットレスで、長年愛用しています。

この仕事につく前は「たかがマットレス」と考えていましたが、実は心身のコンディションを左右する重要なアイテムだと気づき、マットレスを購入する際は他の家具よりも予算を高めに設定しました。その分、ベッドフレームなどの予算を下げて調整したり(笑)。自分が納得して選んだマットレスなので、朝の目覚めもよく、快適に過ごせていると感じています。

*記事中で表示した商品については、商品モデルの入れ替えなどに伴い、内容が変更になる場合もあります。

LINEで送る

関連するキーワード

  • シモンズ、シーリー、レガリアなど取り揃え
  • 大塚家具のマットレスブランド「レガリア」はお客様満足度96.8%

今すぐ無料登録で「ぐっすり」を手に入れよう!

Good Sleep Factory
(グッドスリープファクトリー)とは

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」では、睡眠に関するお役立ち情報や、快眠のためのポイントを紹介しています。
大塚家具の眠りの専門スタッフ“スリープアドバイザー”によるベッドの選び方や、寝室コーディネートの紹介、眠りに精通した医師・専門家によるアドバイスまで、快適な眠りで豊かなライフスタイルを実現するためのサポートをいたします。