MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

Q. 寝だめってできるの?

A. 基本的にはできません

睡眠はためることができません。平日の睡眠不足が借金のように積み重なり、週末に一気に返済するため“寝だめ”と称して寝続けてしまうのです。しかし、体内時計のリズムが崩れるためウィークデーに悪影響が…お昼寝も上手に活用し、起床・就床時間がズレたとしても2時間前後にするのが快適に過ごすコツです。

Q. 金縛りって・・・おばけ?

A. レム睡眠中に突然目覚めると金縛りに!

レム睡眠中は筋肉が抑制され動けない状態。そんな時間に何らかの拍子で覚醒してしまうと目が覚めているのに身体が動かない、まさに金縛り状態になります。でも「おばけじゃないんだ!」と安心してはいけません。これは精神的ストレスがたまっているサインでもあります。睡眠時間や不規則な生活を見直すチャンスだと心得ましょう。

Q. 最近よく聞く「ノンコイルマットレス」って??

A. エコで軽量な次世代マットレスです。

ヨーロッパでは主流となっているスプリングを使わないノンコイルマットレス。金属部分がないため、リサイクルする際の分別が容易です。また、重い金属スプリングのかわりに、体圧分散性に優れた最先端の素材を使用することで、コイルマットレスと比較して軽量。以前は通気性の問題などが心配されていましたが、近年では改良され、寝心地のバリエーションも充実しています。ぜひ一度試してみてください。

Q. 低反発?高反発?どっちがいいの?

A. どちらがいいとは一概に言えません。自分に合ったものを選びましょう。

しっとりとした寝心地の低反発素材は体圧分散性に優れ、寝返りが少なくなるといわれています。一方、高反発素材は、ふんわりからしっかりまで幅広い寝心地があり、適度な弾力性から寝返りがしやすく、両素材には寝心地・サポート力に大きな違いがあります。身体に合った寝心地は体格や体重、ライフスタイルによっても違うので自分に合ったマットレスを選びましょう。マットレスの中には両素材を採用した商品もあります。まずは、ショールームで実際に寝比べてみることが大切です。

Q. 睡眠に効果的なカラーコーディネートって?

A. ベージュやラベンダーなど優しいカラーがおすすめです。

色彩は室内の雰囲気を左右し、人のココロに大きな影響を与えます。色の感じ方は気分や状況によっても変わるので、その時々によってカバーリングなどのコーディネートを変えて、自分が快適と感じられる寝室にアレンジしていきましょう。

Beige

Beigeリラックスのカラー

精神を安定させ、筋肉の緊張をほぐす。温かい雰囲気をもたらす。

Green

Green安息と休息のカラー

ストレスの緩和をもたらす。

Blue

Blue静寂と安定のカラー

鎮静と抑制を与える。心身の回復力を高める。ココロを落ち着かせる。

Pink

Pink幸福を感じるカラー

美容と健康の色、若返りを促す。やさしい気持ちを起こさせる。

Lavender

Lavender癒しを感じるカラー

疲労回復、自然治療補助。想像力が湧く。

NG COLOR!

Red

Shocking Pink

赤やショッキングピンクなどの刺激的な色は、神経が高ぶってしまうので注意しましょう。