MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

寝具を選ぶ

人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかくといわれています。したがって、ベッドウェアは、吸湿性・放湿性が高く、かつ保温性が高いことが大切です。 寝床内の温度は約33℃、湿度は約50%の状態が最適といわれています。この環境を作り出すために、掛け布団、ベッドパッド、カバーリングの質はこだわって選びましょう。

寝室環境 寝床内環境

掛け布団
ふわふわ さらさら ぽかぽか
重い布団は身体が圧迫され、負担がかかるため軽いものを選びましょう。吸湿性、放湿性、保温性も大切です。じめじめ暑くなりすぎてしまっては快適に眠れないですよね?おすすめは羽毛布団です。

ベッドパッド
マットレスを守る吸湿性・放湿性が大事
干したり洗ったりできないマットレスを湿気から守るためにベッドパッドは必要です。毎日洗うものではないので、吸湿性・放湿性が高く日々のメンテナンスしやすいものを選びましょう。

カバーリング
直接肌に触れるものだから素材にこだわって
色柄を楽しめ、インテリアのポイントになるカバーリング。肌に触れるものだからこそ、肌触りや質感にはこだわりましょう。おすすめの素材は綿や麻です。

“ぐっすり”に効果的 快眠カラーコーディネート

色彩は室内の雰囲気を左右し、人のココロに大きな影響を与えます。色の感じ方は気分や状況によっても変わるので、その時々によってカバーリングなどのコーディネートを変えて、自分が快適と感じられる寝室にアレンジしていきましょう。

Beige

Beigeリラックスのカラー

精神を安定させ、筋肉の緊張をほぐす。温かい雰囲気をもたらす。

Green

Green安息と休息のカラー

ストレスの緩和をもたらす。

Blue

Blue静寂と安定のカラー

鎮静と抑制を与える。心身の回復力を高める。ココロを落ち着かせる。

Pink

Pink幸福を感じるカラー

美容と健康の色、若返りを促す。やさしい気持ちを起こさせる。

Lavender

Lavender癒しを感じるカラー

疲労回復、自然治癒補助。想像力が湧く。

NG COLOR!

Red

Shocking Pink

赤やショッキングピンクなどの刺激的な色は、神経が高ぶってしまうので注意しましょう。

ベッドウェア選びのポイント!

  • 吸湿性・放湿性の高い素材のものを選びましょう!
  • カバーリングは肌触りや質感にこだわりを!

ぜひパジャマの
素材にもこだわりを!