MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

毎日熱帯夜が辛すぎる! 寝苦しい寝室にさよならする方法とは?

この季節、夜になっても一向に涼しくならず、寝苦しい、眠れない日々が続いているという方も多いのではないでしょうか?

そこで、大塚家具のスリープアドバイザー・椎名美子が、寝具や涼感アイテムを工夫して、快適な夏の寝室を作る方法をお伝えします。

まずはファブリックを寒色系に変えるべし

――毎日暑くて、寝苦しい日々が続いています。少しでも安眠を得られるように、寝室を夏モードに変える方法を教えていただけますか?

(以下椎名)
まず、ファブリックの色使いがポイントです。夏におすすめなのは、青などの寒色系を使ったカラーコーディネート。

ファブリックの色使い

青などの寒色は見た目も涼しいですが、実は体感温度も涼しくなると言われています。

なぜなら人は、目をつぶっていても肌で色を感じられるから。そのため、気温や湿度が同じ環境であっても、寒色系の寝具に接することによって、温度も涼しく感じられるそうです。

ちなみに寒色系は青以外で、紺、水色、グリーン、赤味の少ない紫などが挙げられます。

――寝具の素材もいろいろ販売されていますが、夏にはどんな素材がおすすめでしょうか?

人が眠りに落ちるとき、必ず深部体温が下がっていることをご存じですか? 体温を下げるために、汗をかく仕組みになっているんです。

その汗はシーツや掛布団に伝わりますから、効果的に逃してあげないと、布団の中がムレる原因に。そうなると効果的に深部体温が下がらず、「寝苦しさ」にもつながります。

やはり、夏に取り入れたいのは、湿気を吸ってくれる素材。

一番のおすすめは、吸汗性に優れ、その汗をすぐに乾かせてくれるリネンです。ムレ感もなく、蒸し暑さも解消してくれます。

さらっとした寝心地なので、かいた汗が張り付くような不快感もないんですよ。

またコットンも吸汗性に優れていて、折り方や加工にもよっては肌触りも滑らか。乾汗性はリネンに比べたら劣りますが、ポリエステルなどの化学繊維に比べたら格段に良いですね。

タオルケットはムレのもと!?

――夏は掛布団をタオルケットに変える方もいると思いますが、いかがでしょうか?

夏はどうしても冷たいものを飲んだり食べたりして、内臓を冷やしがち。しかも近年の夏は夜も気温が下がらず、エアコンをかけることが多くなってきています。

そんななか、体調を崩さないためにも、お腹の部分をしっかり保温することが大事。

しかし、タオルケットに使われるコットンは、吸汗性は高いものの、リネンや羽毛などに比べると汗の乾きが遅くなります。

人間は寝ている間にコップ1~2杯分の汗をかきますが、その汗をタオルケットが吸ったままだと、冷えてしまいます。その結果、お腹にかけたタオルケットがお腹を冷やすことにもつながってしまうのです。

そのため私は、夏でも羽毛布団をおすすめしています。

夏でも羽毛布団

羽毛といえば冬のイメージが強いかもしれませんね。でも、保温性が高いだけでなく、吸湿・発散性にも優れている羽毛は、ムレずに暑苦しくないし、もちろんお腹も冷やしません。

また、羽毛布団はベッドの上に載せるだけで湿気が抜けてくれますので、お手入れも不要。タワーマンションなどにお住まいで、布団が干せない方にも、ハウスダストを気にせずお使いいただけます。

快適で楽しい涼感グッズをチョイス

まず、ベッドマットとシーツの間に、汗取り用の敷パッドを敷くこともおすすめしています。

汗取り用の敷パッド

敷パッドを活用すれば、シーツを毎日干したり洗ったりできない場合でも、毎日さらりとした寝心地を得ることができます。

ここで注意したいのが、中綿の素材。私はシーツや枕カバー同様、リネンをおすすめしています。

リネンは吸汗性・速乾性が高く、湿度を上げすぎることがありません。そのためバクテリアも繁殖しにくく、においも気になりにくいのです。

あと、意外なようですが、羊毛も吸湿性、発散性に優れています。

羊毛は元を正せば羊の毛。気温に応じて体温を調整する機能を備えています。冬、温かいセーターに使われるイメージがありますが、夏にも活躍してくれるんですよ。

そのほかにも、おすすめの涼感グッズはこちら!

ピローシート

ピローシート

枕にかける冷感シート。今までにない接触冷感を実現。気になるにおいも低減してくれます。

しろくまくら

しろくまくら

見た目もかわいい抱き枕。時間が経っても温度が上がりにくく、長時間冷たさを持続できる適温剤を使用しています。

ハンドピロークールタッチ

ハンドピロークールタッチ

手を入れると中がヒヤッとして気持ちの良いハンドピロー。枕元に置いておくだけで、楽しい夢が見られそう!?

まだまだ熱帯夜は続きますが、寝具を夏モードにチェンジ。涼感グッズを取り入れ、エアコンを上手に使えば快適に過ごすことができます。

夏の間もしっかりと睡眠を取って、元気に過ごしていただきたいですね。

LINEで送る