MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

寝心地最高! 憧れのホテルライクなベッドルームをつくる

誰でも一度は憧れる「ホテルライク」なベッドルーム。

「一流ホテルのベッドルームを自宅でも再現したい」

「極上のリラックスを手に入れたい」というお客様の声も多いようです。

そこで今回は、大塚家具のスリープアドバイザーである中村拓也が

ホテルライクな寝室作りのコツをご紹介します。

ホテルライクな寝室が求められる理由とは?

――寝室づくりを考える際に、ホテルのような寝室をご希望されるお客様が多いと伺いましたが、実際いかがでしょうか?

(以下中村)

例えば、リビングやダイニングは、家族で食事をしたり、団らんをしたり、お客様を迎えたり……といった生活上の役割を担っています。そのため、家具やインテリアもあまり冒険ができないところでもあります。

その点寝室はプライベートな空間であるため、非現実的な環境を求めている方が多いですね。日常から離脱して、自分の好みを反映したい、そういった点から、「ホテルライク」というキーワードが出てくるのだと思われます。

――ホテルといえば、独特の雰囲気がありますが、雰囲気づくりのコツはありますか?

まず、ホテルの照明は主照明がありつつも、間接照明で暗いトーンの空間にできることが多いです。

間接照明といえば、ベッドサイドにナイトテーブル設置して、スタンドを置くのがスタンダードなパターン。でも、低い位置にライトを置くとリラックス効果が出てくるので、床置きのできるフロアスタンドなどもオシャレでおすすめです。

雰囲気に合わせたスタンド

雰囲気に合わせたスタンドはホテルライクな寝室の必須アイテム。スタンドは顔の近くにくるものなので、シェード付きのやわらかな光に照らされるものが◎ スタンドは、上からも下からも光が出るので、壁に寄せて使うと、光が壁に反射してより素敵に見えます。

ファブリックをぜいたくに使うのがコツ

――ホテルといえば、白いシーツにまくらカバーなど、白いファブリックのイメージが強いですね。でもそれだけだと少しさびしい気も……。

ホテルのカバーリングは白がほとんど。それだけ揃えると「シンプルすぎるかな?」という印象を持たれがちです。

さまざまなファブリックを重ねる

でも、布団の上にかけるベッドスプレッド、ベッドスロー、ベッドのボトムクッションにかぶせるベッドスカートなど、さまざまなファブリックを重ねることでゴージャスに見えるように。

また、枕に大小のクッションをプラスするワザも、ホテルらしさを演出してくれます。

枕に大小のクッションをプラス

ベッドスプレッド

シンプルな白のファブリックにベッドスプレッドをかけて、全体にボリュームを出します。ベッドスプレッドはホコリよけの役割も果たしてくれます。

ベッドスロー

ベッドスローで差し色をすれば、ぐっとオシャレな雰囲気に。ベッドスローはカーテンとおそろいの柄にするとまとまりがよくなります。さらに、パープルとホワイトのクッションを重ねて、トータルで空間づくりをすれば、よりムーディに。

ベッドスカート

ベッドフレームにかぶせるベッドスカート。雰囲気を演出してくれるほか、ベッドフレームを傷や汚れから守ってくれます。

シティホテル~リゾートまで非日常を味わってもいい

――さまざまなファブリックやクッションを組み合わせて、いろいろなホテルのテイストを楽しんでもいいですね。

海外のホテルの写真を見ていると、白ベースのファブリックのみならず、意外と大胆な柄を組み合わせているものもあります。寝室は自由な空間なので、ファブリックを選びながらカラフルにリゾートホテル風にしたり、モダンなシティホテル風にしたりして、楽しんでもいいですね。

ビビッドなオレンジのファブリック

ビビッドなオレンジのファブリックとクッションを組み合わせ。リゾートの思い出がよみがえりそう。

モノトーンのファブリック

モノトーンのファブリックが都会的な洗練された雰囲気。ゼブラのクッションが程良いアクセントに。

ベッドメイキングを、誰でも上手にできる裏ワザあり!

――ホテルのベッドといえば、シワ一つないシーツ、ビシッと伸びたカバーなど、プロのベッドメイキングも魅力のひとつですね。自宅で簡単に再現する方法はありますか?

パリッと伸びたシワのないシーツは気持ちがいいものです。そのために、丹念にシワやたるみを伸ばしたり、シーツにアイロンをかけるなんて方もいるようですが、毎日のことですし、面倒かもしれません。

そこでおすすめなのが、ニット素材のシーツ。Tシャツ生地などに使われるものです。

ニット素材のシーツ

洗濯して干して、マットにかけるだけ。それだけでほとんどシワがつくこともありません。

軽くてサラッとした肌触り

お手入れのしやすさのみならず、軽くてサラッとした肌触りも最高の寝心地を約束してくれます。

「ホテルライク」な寝室は、ファブリックや小物づかいにひと工夫するだけで、意外と簡単に手に入れられるものです。ぜひ、挑戦してみてください。

LINEで送る