MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

極上の寝心地で、新年のスタートを! レガリアのマットレスはパフォーマンスをどう変える?

何かと忙しい年末年始。ぐっすりと眠って、次の日に、次の年に、疲れを持ち越さないようにしたいですよね。そこで、疲れをしっかりとリセットして翌日のパフォーマンスを上げたい方におすすめのマットレスについて、大塚家具の『スリープアドバイザー』に聞きました。

マットレスは、疲れをリセットするための健康器具。

—眠りへの関心が高い方が増えていると聞きますが、どんな方に多いですか?

スポーツをされている方、バリバリ仕事をしていてどうしても睡眠時間が短くなってしまう方などは、睡眠に対する意識が高いと感じますね。あとは、お年を召すと自然と眠りが浅くなってくるので、短時間で安眠したいという方もいらっしゃいます。

『睡眠負債』というキーワードをよく耳にするようになったり、寝具が健康器具や美容器具のような位置づけで雑誌などに載ったり、男女問わず睡眠への関心は高まっていると思いますね。

ただ、「翌日に疲れを残したくない」「いまよりいい睡眠環境にしたい」と考えていても、どうやってマットレスや寝具を選べばいいかわからない方が多いようです。インターネットで検索しても、販売店の情報にはいいことしか書いていなかったり、クチコミだと悪いことばかり書かれていたり。「大塚家具は、なんとなく売りつけられそうで怖いけど、相談にのってくれそうだから行ってみようか」とご来店されるお客さまもけっこういらっしゃいますね(笑)。

パフォーマンスアップのカギは、ムダな寝返りを減らすこと。

—いいマットレスを選ぶためのポイントは?

身体にあった寝具を使うと、しっかりと深い眠りが得やすくなります。逆に、身体に合っていない寝具では余計な寝返りが増えて、深い眠りが実現しにくくなってしまうんですね。

例えば、かたいマットレスを使っていると、肩や腰が圧迫され、それをなんとかしようと寝返りをうつ回数が増えてしまいます。結果、朝起きたときに、圧迫された肩や腰が痛かったり、深い眠りを得られなくて満足できなかったりすることも。

無題.jpg2

深い睡眠が得られるように理想的な眠りのリズムをつくるには、身体に対する圧迫が少なく、寝返りの回数を減らせるような、身体のラインに合わせて包み込んでくれるマットレスがおすすめなんです。

水の上に寝るウォーターベッドのようなものがいいと言われたりしますが、耐久性や通気性、衛生面を考えると、実用的ではありません。そこで、水の上ならぬ、雲の上に寝るようなふんわりとした寝心地を追求したのが、レガリアというブランドです。

他のブランドも、グレードが上がれば上がるほどスプリングの上の詰め物が充実して、ふんわりとした寝心地になるのですが、レガリアの場合はお求めやすい価格帯でもそこを追求しているのが魅力の1つ。シングルサイズなら、69,900円(税込)からご用意があるので、理想的な寝姿勢を再現しやすいと思います。

横向きの寝姿勢で、腕があがらなくなった経験も……。

—マットレスで寝心地はどう変わりますか?

私がいま使っているマットレスも、レガリアのものなんです。『サークレット2』の昔のモデルで、ふわっとした寝心地が気に入っています。

実は、私は横向きで寝る時間が長いのですが、レガリアのマットレスを使う前に、神経を圧迫しすぎて腕が上がらなくなったことがあるんです。朝起きたら腕の感覚がなく、それが3日間くらい続いて。病院に行ったら「寝姿勢のせいではないか」と言われ、寝方を変たり試行錯誤しました。

レガリアのマットレスに変えてからはそういうことは一切なくなったんです。横向きの姿勢でよく寝る方は特に、かたすぎるマットレスはよくないということを意識していただくことが大事だと思います。

雲の上のような寝心地、レガリアのおすすめマットレス3選。

—レガリアのおすすめマットレスは?

レガリアは、「プラチナ」、「ゴールド」、「ブルー」、「NC」の4シリーズに加え、最高峰マットレス「レガリア」の5つに分けられます。その中でも特に人気の「プラチナ」、「ゴールド」、「ブルー」に」ついて、それぞれ1モデルずつご紹介しますね。

まずは、真ん中のゴールドレーベルの『インシグニア』(236,000円(税込)/シングルサイズ)。改良を重ねながら受け継がれているレガリアの代表モデルで、価格帯もちょうど中間あたりですね。レガリアが目指す雲の上に浮かぶような寝心地で、実は私も次に買うならこのモデルがいいと思っているんです。

無題.jpg3

昔は、菱形に変形することがあるという欠点がありましたが、いまは改良されていて耐久性も問題なくなっています。レガリアのマットレスは、全モデルがフルボディサラウンドといって、食パンの耳のようにウレタンでくるまれているんです。

プラチナレーベルのおすすめは、『パーフェクションプライム』(359,000円(税込)/シングルサイズ)。デスクワークが多くて腰が痛いという方にもおすすめしやすいモデルですね。

まず、ポケットコイルを採用しているので、揺れが少ないのが特徴的。最初にへたりやすい腰の部分にはしっかりとしたコイルを使って、腰をサポートするつくりになっています。ぴたっと腰の部分が安定するので、評判は非常にいいんです。

無題.jpg4

ブルーレーベルだと、『ロイヤルティ2』(99,900円(税込)/シングルサイズ)。『オネスティ 2』(69,900円(税込)/シングルサイズ)が一番お求めやすいモデルですが、さらに詰め物が増量され、体圧分散性に優れた波形のクッションも入っているので、血行や筋肉に対する負担を軽減してくれます。

無題.jpg5

マットレスの上に別のオーバーレイマットレスを重ねたいという方も多いと思いますが、1枚でもけっこういいお値段だったりします。また、2つを重ねることで通気性が悪くなるので、重なる部分にカビが生えないように上げ下ろしが必要になることも。その点、クッション層が最初から入っているレガリアのマットレスは、お手入れも簡単で、コストパフォーマンスが優れていると思います。

そして、いい眠りをえるためにはマットレス選びも大切ですが、私は日中の適度な運動もすごく大事だと実感しているんです。例えば、子どもと遊んで適度に身体を動かしたときは眠りが深いと感じます。ぜひ、翌日のパフォーマンスアップのためにも、身体を動かす時間をつくってみてはいかがでしょう。

======================================
レガリアの紹介ページはコチラ
http://www.idc-otsuka.jp/extra/regalia/
======================================
*記事中で表示した価格は、2017年11月1日現在の税込価格です。
*記事中で表示した商品については、商品モデルの入れ替えなどに伴い、内容が変更になる場合もあります。

LINEで送る