MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

冬寝具の定番、毛布はかけ布団の上?下? 正しい使い方・選び方マニュアル

寒くて眠れない夜は、毛布が1枚あると便利です。ただし、一番暖かい使い方は案外知らないかもしれません。かけ布団の下に敷く? おすすめの素材は? 埼玉県に新オープンした大塚家具まるひろ入間店の菊地達也が、毛布の正しい使い方と選び方をお伝えします。

最近の人気は、軽くて暖かい綿毛布

──寒さの激しい夜は、毛布に包まれるとホッとします。

みなさん、そうおっしゃいます。毛布は他の寝具と比べるとふんわりと起毛して織ってあるので、肌触りがよく、暖かいのが特徴です。一枚仕立ては軽くて暖かく、二枚仕立てならボリュームがあり、より保温力が高まります。

無題.jpg2

──どのような素材が主流ですか?

アクリルやポリエステルなどの化繊がポピュラーです。ウールやカシミヤなどもありますが、最近は綿の人気が高まっています。

──綿毛布の魅力を教えてください。

肌触りがよいタオルケットに、暖かさがプラスされているイメージで、軽い点も支持されています。綿素材なので、寝ているときの汗もよく吸収してくれます。肌寒い夜にぴったりの寝具です。

無題.jpg3

これで間違いない! 毛布の選び方3つのポイント

──毛布の選び方でポイントはありますか?

次の3つを参考にして、お好みを選ぶとよいでしょう。

・触り心地がよいか
毛布は毛足の長さがいろいろあり、フワフワ、サラサラ、モコモコなど、肌触りがまったく違います。布団に入ったとき肌触りが心地よいとリラックスできるので、重視したいポイントです。

・軽いか、重いか
毛布は重量感のあるイメージがありますが、素材によっては綿など軽いタイプも少なくありません。また、一枚仕立てなら軽く、二枚仕立てなら程よい重さを感じます。毛足の長さもポイントで、長いものほど重量感があります。

・毛足が長いか、短いか
毛足が長いほど、ふんわりして暖かさが増します。ただし、「チクチクする」「首元がくすぐったい」などという方も珍しくありません。特に好みがわかれる部分なので、慎重に検討して欲しいと思います。

ネット通販でも毛布はたくさん販売されていますが、ショールームなどで触って確かめ、できることなら、実際に身体にかけてみることをおすすめします。目で見る選び方だけではわからない使い心地を、体感できるはずです。

──最近、毛布はカラフルになってきました。色の選び方のコツはありますか?

寝具全般にいえることですが、赤や黒といった刺激の強い色は避けたほうがよいでしょう。ベージュや薄いピンク、アイボリーなど、目に優しくリラックスできる色が好まれています。

毛布をかけ布団の上にかける場合は、寝室のメインカラーが毛布の色になります。カーテンや壁紙の色と調和がとれているかという点も、よく見極めてください。

羽毛布団は上、それ以外は下に敷くのが基本

──毛布を使うとき、かけ布団の上か下か迷うのですが。

お使いのかけ布団によって違います。

無題.jpg4

・羽毛布団の場合……上に敷きます。羽毛布団は体温で暖めるので、身体に直接かけるのが正解です。暖かさが逃げないようにフタをする感覚で、羽毛布団の上に毛布をかけてください。羽毛布団をつぶさないように、なるべく薄くて軽い毛布が適しています。

・羽毛布団以外のかけ布団の場合……下に敷き、毛布を身体とかけ布団の間にはさむようにします。「布団に重量感があったほうが暖かく感じる」という方向きです。

──誰もがやりがちだけど、「あまりおすすめできません」という使い方は?

羽毛布団の下に毛布を敷くことです。羽毛は体温でふくらみ、保温性を高める性質があります。ところが羽毛布団と身体の間に毛布があると、この効果を遮断してしまいます。

また、毛布をシーツ代わりにする方も目立ちます。寝ているときに出た汗が発散しにくくなり、残った水分で身体が冷える可能性があります。風邪を引き起こす原因になるので、注意が必要です。

長期間押し入れに入っていた毛布は、クリーニングしてから

──毛布は寒い時期だけ使用する季節寝具です。取り扱いの注意点はありますか?

長期間押し入れに入っていた毛布を出してきたら、多少なりとも湿気を含み、ホコリなども蓄積されているので、クリーニング店で洗濯してもらうと安心です。

使い始めたら、日中は毛布を陰干して湿気を逃がし、常に乾いた状態で使用してください。寝ている間は、ひと晩でコップ一杯分くらいの汗をかいています。湿気を含んでいる状態で毛布を使い続けると、風合いを損ねる原因になるので気をつけて。

さらに、毛並みに沿ってブラッシングをすれば、ホコリをとることができ、毛羽立ちも防いでくれます。

無題.jpg5

──最後に、読者へメッセージをお願いします。

毛布は寒い期間しか使わないので、買い換えが少ない寝具です。これから購入するなら長年愛用できるように、上記に説明した選び方を参考にしてください。毛布は脇役寝具ですが、冬の最強サポーターとなってくれるに違いありません。

LINEで送る