MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

“酸素カプセル”で溶解型酸素を取り込み質の高い睡眠につなげる

質の高い睡眠を得るためには眼精疲労の治療が有効と言われています。その治療に”酸素カプセル”を活用しているのが吉祥寺森岡眼科。2回シリーズの2回目は、院長の吉岡清史先生に、眼精疲労に有効で質の高い睡眠にもつながる“酸素カプセル”について話を聞きました。

水深3mの世界を再現できるのが“酸素カプセル”

-“酸素カプセル”とはどのようなものなのですか?

“酸素カプセル”とは、人間1人分のスペースのカプセルの内部を密閉し、気圧を標準気圧以上にする加圧装置を備えた健康器具のことです。

私たちが生活する地上の空間は1気圧ですが、酸素カプセルの中では、1.1~1.3気圧まで(機種により異なる)段階的に圧力を上げることが可能です。つまり、酸素カプセルの中は最大で水深3mの世界をつくることができるのです。

-気圧を上げるとどうなるのですか?

通常の1気圧から0.1気圧上げて1.1気圧にすると、酸素濃度が2%ほど上がります。酸素カプセルには濃縮酸素を出す装置がついているので、0.1気圧ごとに3%程度上がり、最大の1.3気圧で濃縮酸素を使うと、33%の酸素濃度の中に身体を置くことができます。

0410_2

【酸素カプセル アドレクト社製「イディア」】
カプセルの上部はプラスチック製になっていて、外の様子を見ることができる。内部にはインターホンが付いているので会話も可能。リラックスできるように音楽も流れる。

酸素カプセルに期待される効果は?

-酸素カプセルが健康によいとされる理由を教えてください

身体には約60兆個もの細胞があり、そのすべてが酸素を必要としています。酸素は、細胞のエネルギーを生み出す働きをしているので、身体の中に酸素が十分供給されれば身体の各機能が整えられます。

実は酸素には2種類あります。呼吸で身体に取り込まれた酸素は、赤血球(ヘモグロビン)と結びつきます。この酸素を「結合型酸素」といい、身体の中の酸素の99%を占めています。この結合型酸素は、ヘモグロビンと結びついているため、ヘモグロビンの量を超えて運ばれることはありません。また、血管の約90%は、ヘモグロビンより30%ほど細い毛細血管です。ヘモグロビンは毛細血管の隅々まで入り込みにくいため、血流が悪くなりやすく、血流が悪いと細胞は酸素不足になってしまいます。

もう1つの酸素は「溶解型酸素」といいます。この溶解型酸素は分子が大変小さいので、毛細血管も通りやすくヘモグロビンの量とも関係なく、血液や体液に直接溶け込むことができる酸素です。サイズの小さい溶解型酸素が増えれば、効率よく酸素供給することができると考えられます。

細胞が酸素不足にならないためには、溶解型酸素を多く取り入れることが大切なのですが、このときに酸素カプセルを使えば、誰でも簡単に溶解型酸素を体内に取り入れることができるのです。

-酸素カプセルを使用することで、どのような健康効果が期待できるのですか?

酸素カプセルはもともと、無重力の環境に滞在する宇宙飛行士の健康管理や体力の維持を目的で研究・開発されたものでした。その後、糖尿病などの生活習慣病で代謝の回復がみられ、高い治療効果が得られることなどがわかってきました。

元イングランド代表のサッカー選手であるデビッド・ベッカムが、2002年のW杯直前に骨折をして出場が危ぶまれたときに、酸素カプセルを使って骨折の治療を行い、復活を遂げたことが話題となり“酸素カプセル”は、“ベッカム・カプセル”とも呼ばれるようになりました。

現在では、骨折などを扱う整形外科でも、折れた骨を少しでも早く元の状態に戻すために、酸素カプセルを設置しているところもあります。また、内科などでは、
脳梗塞の後の麻痺を改善するためのリハビリに使用しているところもあるようです。

年齢などにより効果には個人差がありますが、一般的には以下のような効果が期待できると言われています。

・健康増進
・アンチエイジング
・身体機能のコンディショニング
・疲労回復を助ける
・眼精疲労

眼精疲労が解消されれば質の高い睡眠も得やすくなります。

“酸素カプセル”を活用して質の高い睡眠につなげる

-眼精疲労に有効とのことですが、酸素カプセルを使うことで目にどのような変化が現れるのですか?

私には、調節微動解析という検査器械があります。この器械で毛様体筋の疲労状態がどう改善されるのかを知ることができます。

下記のデータは、23歳の女性にVDT作業(コンピューターなどを用いた作業)をしてもらった後に調節微動解析をしたのが、【酸素カプセル使用前】のグラフです。グラフの右端の棒グラフの色は、毛様体筋の緊張を示さない黒になっていますが、調節反応量(棒グラフの高さ)は非常に低く、これは、ピントが合いにくいことを示しています。グラフの中ほどから右側になるにつれて、棒グラフの色は毛様体筋の緊張を示す赤色になっています。しかし、棒グラフの高さは低く、ピントが合いにくい状態を示しています。以上のことからこのグラフから、眼精疲労状態を示していることがわかります。

■酸素カプセル使用前後の調節微動解析グラフ

【酸素カプセル使用前】

0410_3

次に、酸素カプセル内を1.3気圧に設定した中に入ってもらい、約30分間、休憩してもらった後、調節微動解析を行いました。その結果が下記のグラフです。

グラフの左端の棒グラフの色は黒で、毛様体筋は緊張していません。しかし、上のグラフより棒グラフの高さはかなり高くなっていて、ピント調節機能が回復したことがわかります。酸素カプセルに入ると身体の中に溶解型酸素が増えて血流がよくなり、眼球の毛様体筋によい影響を与えていることが証明されました。眼精疲労が解消されることで、質の高い睡眠を得やすくなるのではないでしょうか。

【酸素カプセル使用後】

0410_4

-“酸素カプセル”は誰でも使うことができるのですか?

“酸素カプセル”は、健康に問題がなければ基本的に誰でも使用は可能ですが、以下に該当する場合は使用することはできません。また、使用する場合は医師の診断が必要となります。

・妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある
・糖尿病などでインシュリンを投与している
・人工透析をしている
・ペースメーカーなどを使用している
・パニック障害や閉所恐怖症である
・血圧が高い
・心臓病である

持病のことが気になる場合は、医師に相談のうえ酸素カプセルを使用してください。酸素カプセルを活用して眼精疲労を解消し、質の高い睡眠に変えてみてはいかがでしょう。

文/高橋晴美

監修:吉祥寺森岡眼科院長 森岡清史(もりおかきよし)先生

LINEで送る