MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

シーリー、フランスベッド、スランバーランド。寝比べてみるべき、おすすめマットレスはコレ!

大塚家具のショールームで、人気マットレスブランドを寝比べる企画第2弾! 今回は、アメリカ生まれのシーリー、日本生まれのフランスベッド、英国生まれのスランバーランドの3ブランドで、寝比べるのにおすすめのマットレスを『スリープアドバイザー』に聞きました!

信じるべきは、レビューの評価より、自分の体感!

—マットレスを上手に選ぶためのコツはありますか?

マットレスはご自身の身体をあずけるものなので、体感していただくのが一番。誰かのすすめやインターネット上の評判やレビューを参考に購入される方も多いかもしれませんが、やはり実際に寝心地を試してから購入されることをおすすめします。

信頼している人から「あのマットレスがいい」と聞くと、自分にも合いそうな気になってしまいます。でも、人によって体格や寝姿勢は異なるので、自分にとっていいかどうかはわからないもの。

また、ブランド名だけで選んでしまうのも要注意です。同じブランドでも、モデルごとに寝心地は違うので、そのマットレスが自分に合っているかどうかという視点で試していただきたいですね。

大塚家具のショールームには、世界のトップブランドをはじめ人気ブランドのマットレスがずらっと並んでいます。同じブランドでの寝心地比較はもちろん、ぜひ、ブランドを横断して寝比べてみてくださいね。

うれしいのは、お客さまから「いろいろと寝比べて選べたから、後悔がない」と喜んでいただけること。マットレスは10〜20年間、毎日使うものなので、納得してお選びいただきたいと思います。

米・日・英の3大ブランド、ココに注目!

—シーリー、フランスベッド、スランバーランドそれぞれの特徴は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シーリーはアメリカのテキサス州生まれ。100年以上の歴史がある老舗ブランドですね。業界に先駆けて整形外科医とともに開発した「ポスチャーテックコイル」が有名です。少し曲げの入ったコイル形状により、身体の凹凸や体圧に合わせてより高いフィット感が得られるように工夫されています。

寝心地で言えば、シーリーには、やわらかめのモデルから、しっかりめのモデルまであります。グレードが上がるほど、やわらかめのフィット感の高い寝心地になるのは、全ブランド共通ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フランスベッドは、全体的にしっかりめの寝心地です。日本のブランドなので、布団に慣れ親しんできた日本人の生活環境やお好みに合わせて開発されているのが特徴。敷き布団からベッドに変更する方も、あまりギャップを感じることなくお使いいただけると思います。

また、リクライニングベッドの種類が圧倒的に豊富なのもフランスベッドの魅力。ご高齢の方はもちろん、限られたスペースでベッドをソファのように使いたいという方にもおすすめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スランバーランドは英国生まれのマットレスブランド。英国王室御用達の称号「ロイヤルワラント」の栄誉を授かっています。日本では、まだ知名度は低いかもしれませんが、最近は高級ホテルなどでも多く使われるようになり、今後はもっと有名になると思いますよ。

なかでも注目していただきたいのは、スプリングが特徴的な上位モデル。スプリングが2層になっていて、マットレス一つでダブルクッション仕様*のような快適な寝心地が得られるんです。

そんなブランドの特徴はあくまで参考程度に、各ブランドで寝比べてみてほしいマットレスをご紹介しますね。

*ダブルクッション仕様:マットレスの下をマットレスで支える仕様。ホテルなどでよく見られ、体圧分散性の向上、身体への負担軽減、耐久性向上などが期待できます。

<シーリー>
“やわらかくても、腰はしっかり”を体感する!

シーリー『テラ アマカ 3』 118,800円(税込)<シングル>

シーリーでまず試していただきたいのは、『テラ アマカ 3』。腰を支える中央部分に硬めのウレタンを配置した『センターハード』仕様になっていて、腰が沈み込みすぎないよう支えてくれます。腰痛や腰の沈み込みでお悩みの方におすすめのマットレスですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シーリー『テラ アマカ 3』

全体的にはフィット感が高く、やさしい身体あたりですが、腰部分はしっかりとサポートしてくれます。ただやわらかいだけでなく、独自のスプリングとウレタン層の工夫で得られるこの感じを、ぜひ体感していただきたいですね。

<フランスベッド>
微妙に違う4タイプの寝心地を寝比べる!

フランスベッド『クレーネ SP7』 72,000円(税込)<シングル>
フランスベッド『クレーネ DX7』 121,500円(税込)<シングル>

シーリーの『テラ アマカ 3』と寝比べてみていただきたいのは、フランスベッドの『クレーネ SP7』シリーズ。フランスベッドでは、1本の鋼線で編まれた『連続コイル』を使ったものが多いのですが、こちらは一つずつのコイルが独立した『ポケットコイル』タイプ。詰め物の量は比較的少なく、ややしっかりとした寝心地になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フランスベッド『クレーネ SP7』

スプリングの太さが違う『クレーネ SP7 1.9』と『クレーネ SP7 1.7』があり、寝心地が少し違います。よりやわらかいタイプがお好きな方は1.7、よりしっかりしたタイプがお好きな方は1.9がおすすめですね。

もう少しやわらかめがお好みなら、一つグレードを上げて『クレーネ DX7』を試してみてください。こちらも、コイルの太さの違う、1.7と1.9があるので、ちょっとずつ違う寝心地を比較してみるのもおもしろいと思います。

<スランバーランド>
ダブルスプリングの極上の寝心地にうっとり!

スランバーランド『SL-EX スウィート』 199,800円(税込)<シングル>

スランバーランドでは、スプリングが2層になっている上位モデルの寝心地を、ぜひ体感してみてください。ウレタンの詰め物の層も厚く、フィット感の高い気持ちのいい寝心地です。ダブルスプリングで土台がしっかりしているため、腰が沈み込みすぎることもなく、身体の凹凸に合わせてフィットしてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スランバーランド『SL-EX スウィート』

また、マットレスのエッジ部分が硬くなっているので、座ったときにも快適。ソファ代わりに使いたい方にもおすすめですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

側面にもウレタンが入ったスランバーランド『SL-EX スウィート』は、座ったときも端が下がりにくい。

仰向けになった後は、必ず横向きもチェック!

—自分に合ったマットレスを寝比べて選ぶときのポイントは?

まずは、座ったり手で押したりして判断するのではなく、しっかりと横になって寝てみることが大事。理想の寝姿勢は、立っているときの姿勢だと言われています。実際に使う枕やそれに近いものを合わせ、身体とマットレスの間に隙間ができず、身体の凹凸にフィットしているかをチェックしてみてください。

そのとき、仰向けだけでなく、横向きの寝心地も必ず確認してくださいね。実は、寝ている時間の約7割は横向きとも言われています。仰向けで快適でも、横向きになったら肩に圧迫感があることもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横向きの寝姿勢でも、肩や首に負荷がかからず、背筋がまっすぐになるマットレス&枕の組み合わせを。

「どのマットレスから寝比べていいかわからない」「たくさん寝比べすぎて、どれがいいかわからなくなった」という方は、ぜひスリープアドバイザーにご相談ください。おすすめのものを2〜3種ピックアップして寝比べていただき、そこから微調整することで、ぴったりのマットレスをご案内できると思います。

*記事中で表示したマットレスの価格は、2017年2月1日現在のシングルサイズの税込価格です。また、商品モデルの入れ替えなどに伴い、内容が変更になる場合もあります。

LINEで送る