MENU

大塚家具がお届けする、ぐっすりを手に入れるサイト「GoodSleepFactory」

How to

【大塚家具で見つける!】 ホテルライクなベッドカバーコーディネート

ラグジュアリーなホテルのくつろぎ感を、ご自宅の寝室にも。ホテルのベッドカバーコーディネートが素敵に見える理由から、気持ちよくベッドメイキングするためのアイテム選びまで、大塚家具の『スリープアドバイザー』に聞きました。

光沢のある綿のベッドカバーで、ホテルライクに。

—シーツや枕カバーなど、ベッドカバー選びのポイントは?

ホテルライクな寝室というと、白のシーツや枕カバーなどのベッドカバーをベースに、きれいにベッドメイキングされているイメージですよね。実際のホテルのシーツなどは、けっこう糊がきいていて、パリッとしています。ホテルライクな雰囲気を演出するなら、糊をきかせてアイロンがけするのが一番ですが、なかなかそこまではできないですよね。

そこで、私はよく、光沢のある、なめらかな肌ざわりの綿のサテン織りのベッドカバーをおすすめしています。平織りのものだと、どうしても生活感が出てしまうのですが、サテン織りは高級感があってホテルライクな雰囲気をつくりやすいんです。サテン織りの中でも、密度が高い方がよりなめらかになります。

2

アクセントカラーで、寝室全体に統一感を。

—ホテルライクなベッドコーディネートのポイントは?

3

シーツなどのベッドカバーは白をベースに、アクセントカラーを取り入れてお部屋全体の統一感をもたせてあげるのがおすすめですね。例えば、パープルやグレーの色味をアクセントカラーにして、カーテンや足もとのベッドスローでリピートしてあげると、上手くまとまります。

ベッドスローは、大塚家具ではカーテンと同じ生地でオーダーメイドすることもできます。カーテンの色味に合ったお持ちのブランケットをふわっとかけるだけでも雰囲気が出ると思います。

4

枕もとに、枕やクッションを重ねて置いておくのも、ホテルライクな演出にぴったり。あとは、ベッドフレームの下部にベッドスカートを取り入れると、グッとホテルライクな印象になると思います。なかなか手が出ないアイテムかもしれませんが、あるとないとは全然雰囲気が違ってきますよ。

見た目も肌ざわりも五つ星、エジプト超長綿のベッドカバー。

—ご自身のベッドカバーへのこだわりはありますか?

私は、とにかく肌ざわり重視です。シーツや掛け布団カバーなどのベッドカバーは、ダイレクトにふれるアイテムなので、入った瞬間に気持ちいいと感じられるものがいい。エジプト超長綿にこだわって選ぶようにしています。実は、そうでないベッドカバーも使ってみたのですが、一晩で「やっぱりゴワゴワする」と(笑)。

5

お客さまに、バリのホテルの雰囲気がとてもお好きな方がいらっしゃって、それを寝室に取り入れたいということでお手伝いしたことがあります。バリのホテルをイメージして、ベッドカバーは白で、ブラウンのアクセントカラーをコーディネートして。カーテンとベッドスローを合わせて、色違いのクッションもコーディネートしました。

そのときご提案したのが、エジプト超長綿100%の素材に、シワになりにくい加工がされてある『サンスーシ』というシリーズ。ベッドメイキングしたら、洗濯した後にアイロンをかけなくてもハリがでると好評でした。双糸と言って、普通は一本の糸で編むところを二本に撚った糸で編むので、密度が高く、シルクのように光沢が美しく、とてもやわらかいんです。

6

シーツなどのベッドカバーは、どれも同じと思っていらっしゃるかもしれませんが、ぜひ試しに一度、お手にとって違いを確かめてみてください。


*記事中で表示した価格は、2018年1月1日現在の税込価格です。
*記事中で表示した商品については、商品モデルの入れ替えなどに伴い、内容が変更になる場合もあります。

 

LINEで送る