MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

冷え性の人は不眠になりやすい!?

布団に入ってしばらくしても身体が冷えて眠れない……そんな冷え性の人、多いかもしれません。

そもそもなぜ冷え性の人は眠りにくいのでしょうか?

その原因を探り、解決策を探ってみましょう。

冷え性の人が眠りにくいその原因は熱!?

辛~い冷え性。最近では冬のみならず、夏でもエアコンのかけすぎによる冷えに悩まされているという方も少なくはないかもしれません。

身体の芯まで冷え切ったようなとき。上着を羽織ったり、カイロを握ったり、何をしてもなかなか体が温まらないときがあります。

冷え性の人は手足など、身体の末端の血管が過度に収縮しているため、血液が身体の先端部分まで運ばれにくくなっています。つまり、血が通わないために、外側からどんなに温めても、冷たいままなのです。

ではなぜ、冷えが睡眠に悪い影響を与えるのでしょうか?

人は体温が高温から低温へと下がるとき、眠りに入るというメカニズムになっています。
体温を低温に下げるためには、身体の中心に籠った温かい血液を身体の表面へと回して、放熱しなくてはなりません。

しかしながら、冷え性の人の抹消血管は収縮しているため、うまく熱を放出することができません。

そのため、末端は冷えているけれども体の中心が熱く、脳もクールダウンしないという状態に。「体は寒いし、何だか目が冴えて眠れない」という症状に悩まされるのです。

冷え性の人がぐっすり眠れる秘策とは?

冷え性だからとにかく温めなきゃ!と、夏でも靴下を重ねて寝たり、冬なら電気毛布の電源を入れたままにして寝るという人もいるでしょう。しかしそれでは効果的に放熱ができないために深部体温が下がらず、入眠が妨げられます。また、蒸れによる寝苦しさの原因にもなってしまうのです。

電気毛布を使うなら、寝る前に布団を温めておき、布団に入ったらスイッチを切ること。おすすめなのは湯たんぽ。寝ているうちにゆるやかに温度が下がるので、快眠を妨げません。

また、靴下はゆる目のものを履き、朝には脱げているくらいがちょうどいいようです。

布団も、毛布や布団を何枚も重ねると蒸れたり汗をかいたりして、結果的に汗で身体を冷やすことになってしまいます。

そのため、夏でも冬でも羽毛布団がおすすめ。冬、暖かいのはもちろん、必要以上に温めすぎず、体温や気候に合わせて快適な温度を保ってくれます。

そもそも冷えの原因は、運動不足による筋肉量の少なさ、ストレスや女性ホルモンの乱れ等とも言われます。これらの原因を解消し、自分の体は自分で温められるように体質改善することも大切ですね。

いかがでしたでしょうか? 冷え性による不眠の原因のひとつが、温めすぎとは意外でした。ただ確かに冷えは辛いもの。あたためグッズを上手に取り入れつつ、自分で発熱できる体質に改善できるといいですね。

【参考文献】
『眠るだけビューティ法則 眠活』(中央公論新社)
はじめよう睡眠革命
http://sleeps.jp/sleep-tips/4860/
All about:冬でもポカポカ! 冷え性の人のあったか快眠法
http://allabout.co.jp/gm/gc/389790/
ワタシプラス:冷えを防いで代謝アップ! 今欲しいのは、めぐりのいいカラダ
https://www.shiseido.co.jp/beauty/season/feature/meguricare-110121-1.html

文/阿部桃子

LINEで送る