MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

長すぎor短すぎ? 年齢別 あなたに必要な睡眠時間は?

「寝る子は育つ」と言われますが、歳を取るとそんなに長くは眠れないもの。
また、人によって必要と思われる睡眠時間の長短は異なるものです。
でも本当はもっと寝たほうがいいのかな? いやもしかして自分は寝すぎている……?
そこで、年代によって必要な平均睡眠時間を調べてみました。

年を取るごとに減るor増える? 平均睡眠量とは?

厚生労働省健康局の調査によると、
健康な人が一晩にとる睡眠の量は

10代前半までは8時間以上
25歳~で約7時間
45歳~で約6.5時間
65歳~で約6時間

睡眠時間は日の長い季節=夏などには短くなり
日の短い季節=冬には長くなるという傾向もありますが、平均値は上記の通り。

年を取るごとにだんだん少なくなるようです。

睡眠不足のサインは何? 寝不足が続くとどうなるの?

ただ、睡眠時間には個人差もあるもの。
3~4時間で足りると言う人も、8時間でも足りないと言う人も……。

自分の睡眠が足りているか、寝すぎていないか? の目安も知りたいですよね。

あなたの眠りが足りていない、一番のサインは、日中活動しているときに頻繁に眠気を感じるかどうか。

昼間居眠りをしたり、眠気を感じることが多いようなら、これが当てはまるでしょう。

このような状態が続くと、免疫力が低下する、生活習慣病のリスクが高まるほか、注意力や集中力が低下し、ヒューマンエラーや交通事故のリスクも高まると言われています。

睡眠不足のサイン

働き盛りの年代だととくに、十分な睡眠を取ることが難しいかもしれません。
でも、できる限り年齢相応の睡眠時間を確保したいものです。

睡眠の取りすぎのサインは? 寝すぎが●●痛をまねく!?

では逆に、寝すぎのサインはあるのでしょうか?

もし眠りが何となく浅く、夜中に何度も目が覚めるようなら要注意。
そういったことが続くなら、必要以上に睡眠を取っているのかもしれません。

睡眠はもちろん身体に良いですが、必要以上に睡眠を取ることにはデメリットも。

まず、土日に寝だめをした後など、「何だか腰が痛い」なんてことはありませんか?
柔らかすぎる布団に寝るとお尻が沈み、腰にズッシリと負担がかかると言われています。
それが長時間に及ぶと腰への負担がより大きくなりがちなので、要注意です。

また偏頭痛持ちの人は、寝すぎることで頭部の血管が広がり、周辺の神経を圧迫してしまうことも。その結果、「ズキズキ」と頭が痛むケースもあるのです。

このような腰痛や頭痛が思い当たるようなら、睡眠時間を見直してみるといいかもしれません。

いかがでしたでしょうか? あなたの睡眠時間は足りていますか、それとも必要以上でしたか? まずは自分に適した睡眠時間を知り、健康で安全な毎日を送りたいものです。

【参考文献】
『つらい腰痛・膝痛 自分に合った治療法で、しつこい痛みを和らげる!』(毎日新聞社)
厚生労働省健康局
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000047221.pdf                       
ヒューマンエラー、交通事故を誘発する眠気の発生要因と対策に関する系統的研究(タカタ財団)
http://www.takatafound.or.jp/support/articles/pdf/130626_02.pdf#search=’%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E4%B8%8D%E8%B6%B3%E3%80%81%E4%BA%8B%E6%95%85%E7%8E%87%E3%81%8C%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8B’
知っておきたい!正しい頭痛対策の3カ条:日経ウーマンonline
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20120508/124242/?rt=nocnt

文/阿部桃子

LINEで送る