MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

花粉症の人はリスクが高まる!? 睡眠時無呼吸症候群に注意!

鼻水やくしゃみが出たり、目がしょぼしょぼしたり、鼻が詰まったり……とにかく辛い花粉症。この花粉症は辛いだけでなく、睡眠時無呼吸症候群(SAS)のリスクを高めると言われています。

花粉症で、なおかつ、「いつも大きないびきをかいている」と言われた経験のある人は要注意。その真相を探ってみましょう。

不眠、頭痛、高血圧の原因になる睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

とっても憂鬱な花粉症。ここ数年で患者は急増し、日本国民の4人に1人がスギ花粉症にかかっているというデータも発表されています。花粉症を含む鼻炎などで鼻が詰まった状態だと、リスクが高まるといわれているのが、睡眠時無呼吸症候群(SAS)。

眠っているときに大きないびきをかき、突然いびきが止まる。その間は一時的に呼吸も止まってしまうというものです。「呼吸が止まるなんて恐ろしい!」と思ってしまいますが、その通り。

睡眠中に呼吸が止まることによって、身体の中の酸素が足りなくなってしまいます。すると体は酸素不足を補おうと、心拍数を上げて血圧が急上昇します。

その度に心身が覚醒するので、時々睡眠が分断され、安眠とは程遠い状態に……。睡眠を取っても疲れが取れないばかりか、症状が進むと日中突然睡魔に襲われて、意識を失うようなこともあるのです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

また、血液中の酸素が足りない状態が続くことで、動脈硬化が進みやすくなり、多くの危険な病気になるリスクも高まります。

もしや睡眠時無呼吸症候群(SAS)? チェック方法が知りたい

まずは、

就寝中

大きないびきをかく、突然いびきが止まる、夜中に何度も目が覚める

起きたとき

疲れが取れずなかなか起き上がれない、頭が痛い、口が渇く

といった症状のあるかたは、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いかもしれません。

また先に、睡眠時無呼吸症候群=睡眠時に呼吸が止まることと述べましたが、これはそもそも、気道(呼吸の通り道)が狭くなることによって起こります。

そのため、花粉症やアレルギー性鼻炎などで、鼻からのど、気道がスムーズに通っていない人は、リスクが高まる可能性があるのです。

また、以下の人が要注意

□肥満気味である。とくに20代すぎてから急激に太った……睡眠時無呼吸症候群の一番の原因と言われている肥満。太ることで首やのど周りに脂肪が付き、気道(呼吸の通り道)の壁にも脂肪がついてしまうからです。

□顎が小さい人……顎が小さい人は気道も小さく、少し太っただけでも脂肪で気道がふさがれやすくなります。

□日常的にアルコールを摂取する人……アルコールを摂取すると、気道を支える筋肉が緩み、気道が狭くなってしまいます。

□口呼吸をする人……口呼吸の人は口で呼吸をするために舌の位置が後ろのほうにあり、舌の根と口蓋垂(のどちんこ)の間が狭くなりがちです。また睡眠時には舌が喉をふさいでしまうこともあり、無呼吸状態になりやすくなります。

いかがでしたでしょうか? たかが花粉症による鼻づまり、いびきと思いがちですが、それも長く続けば睡眠時無呼吸症候群のサインかもしれないということが分かりましたね。

チェックの結果、リスクが高いと判断したら、生活習慣に気を付けて。また異常ないびきや不眠が気になるようなら、一度、専門機関で検査を受けてみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
『悩み知らずの快眠術』(枻出版社)
第一三共製薬:花粉症STATION
http://www.kafunst.info/kafun/faq/q_1.php
日本新薬:おはなのおなやみ
http://hana783.jp/nasal_congestion/illness_used02.php
帝人在宅医療: 無呼吸なおそう.com
http://659naoso.com/snore/care
肥満以外にもあった!睡眠時無呼吸症候群の意外な原因:ダイアモンドオンライン
http://diamond.jp/articles/-/69859

文/阿部桃子

LINEで送る