MENU

快適な眠りで豊かなライフスタイルを Good Sleep Factory

How to

ラベンダーのパワーがスゴい! 春からアロマで快眠生活スタート。

新生活の緊張からストレスを感じ、疲れやすい時期。眠りたいのに眠れない夜は、香りの力を借りてみましょう。快眠に嬉しい効果を発揮してくれるラベンダーに焦点をあてて、そのスゴさの秘密を徹底解剖! 簡単アロマテラピー法もご紹介します。

ラベンダーの香りが快眠に効くワケとは?

今では医療の現場でも注目を集めているアロマテラピー。植物の香り成分を抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使って、有効成分を鼻や皮膚、呼吸を通して身体に取り込む自然療法です。特に嗅覚は五感の中で唯一、脳にダイレクトな働きかけができるため、心身へのリラックス効果が大きいのも特徴です。とりわけ『快眠の友』と呼ばれるほど睡眠への効果が高いとされるのがラベンダーです。

脳がリラックスして穏やかに活動している時には、α波が出現します。睡眠と関係する香りを調査した実験によると、ラベンダーの精油を用いた時に、最も高い数値のα波が測定されたそうです。つまり、ラベンダーには脳を休ませる働きがあるということ。これがラベンダーの快眠効果につながるのですね。

新生活の不安などから、あれこれ考えて眠れなくなってしまう時や、夜中に何度も目覚めてしまう時などは、ラベンダーの香りに頼ってみましょう。

こんなに万能! ラベンダーの癒しパワー。

アロマテラピーをはじめる際に、まず最初に選んで間違いないのがラベンダー。もっともポピュラーで、初心者でも安心して使える万能精油です。古くから花や葉は虫よけや消毒用として知られ、ローマでは沐浴や傷を洗う際にも利用されたそう。英国エリザベス朝時代には、蒸留水であるラベンダーウォーターが、化粧水や香水として愛用されていたと言います。快眠の他にもマルチに働くのが、ラベンダーのスゴいところですね。

[心に] 自律神経のバランスを整えます。ストレスからくる緊張をときほぐし、怒りの感情をやわらげて疲れを回復させます。
[身体に] 高い血圧を下げ、呼吸を整えて不眠症を改善します。呼吸器系の悩みや生理痛などにも効果的。
[肌に] やけどに有効なことで知られています。肌の生まれ変わりを助けて、皮脂バランスを整えます。

ラベンダーに限らず、精油は無農薬で100%天然のものを選んでください。妊娠中や体調に心配のある方は、医師や専門家に相談してからはじめましょう。

ラベンダーを100%楽しむ方法。

・アロマバス

就寝前の入浴は、睡眠の質を高めてくれます。ぬるめのお湯に精油を3〜5滴落とし、よくかきまぜてゆっくり入浴しましょう。ラベンダーの快眠作用との相乗効果で夜はぐっすり。

・寝室やリビングで

ティッシュやコットンに精油を1滴落として、枕元に置きます。または、マグカップにお湯をそそぎ1滴落とせば、室内にラベンダーの香りがやさしく広がります。

・玄関や洗面所など

素焼きの壷や石に直接、あるいは小瓶などに塩を入れて、精油を1〜2滴落として香らせましょう。

・ホットタオル

洗面器に熱めのお湯をはり、精油を1〜3滴落とし、タオルに含ませ絞ります。肩や目など気になる部分に当ててください。眠れない時には首の後ろがおすすめです。

・外出時に

ハンカチやティッシュに精油を1滴落として持ち歩き、疲れやストレスを感じた時にそっと嗅ぐとリラックスできます。

心地よい香りに包まれると、イライラや緊張が消えて幸せな気分に満たされるものです。ぐっすり眠って、ストレスフリーな春に! ぜひお好みの方法からはじめてみて、ラベンダーの快眠効果を実感してください。

*精油は香りの種類によっても、性質や扱い方が違います。注意書きをよく読んでから楽しみましょう。

【参考文献】
『睡眠ドクターが教える 熟睡する技術』(メディアファクトリー)
『今日からはじめる超快眠術』(旬報社)
『はじめてのアロマテラピー』(池田書店)

文/井田京子

LINEで送る